ギャーナ「あの世目線」の本当の価値観(宗教はこの世に残された人達へのもの)5

「あの世」「この世」
このブログは現在2700本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

あらゆる「宗教」とは「この世」に「残された者」
に対して作られたものだと言えます。そしてその
「宗教」により提示される「あの世観」が在り、
それを皆さんは信じるのですが、それが「本当か
どうか?」なんて定かではないのです。我々の
「ギャーナ」はそこに切り込んで行きます。
弟子《なるほどです。人に罰を与えるのも神様目線で言えば「世話」ですものね。 そもそも神に善悪を押し付けること自体が神に対する理解が著しく欠けているといわざるをえないですね。そういう意味では古代神話のようにいろんな神がいる一見すると不合理な世界の方が善悪に関して頓着がないですね。》

私《そうです、信仰の全ては人の「性善説」に沿って勝手に作り上げたものです。その理由としてその方が人は「受け入れやすかった」のでしょう。それはまさに「単純な魂間での貸しと借り」を神に押し付けた行為だと言えます。そこまで面倒を見ないと成長出来ない知的生命体は育てるに与えしないと理解するべきですよね》
《更に言えば、神様はそんな小さい事はしませんよね、もっと大きく太極的に先の先まで考えた上での最も合理的なシステムの創造者であるべきだと言えます。天災、厄災も奇跡もその中にある、ほんの「数パーセントの揺らぎ」から来る不確定性の偶然に過ぎません。それが有る様に予め「数パーセントの揺らぎ」が「この世」には設けられているのですから。》
弟子《なるほどです。性善説を持ち出すことで手前勝手な善悪観が作られていると言えますね。もっとこの世・あの世のルールってシンプルなはずなのに、善悪という概念をいちいち持ってくることで自我・自意識の下支えしようとしているように感じました。最も合理的であるということからの逆算でいえば、単純にパワー(氣)のエネルギーの話とも言えますもんね。ただ単純にパワーだけの話になると、単にパワーの強い弱いの話になるから揺らぎが起こるのかなと思いました。》

私《そう、善悪自体が「主観の主体」であってエゴです。ギータの「戦いの放棄」と同じで、人殺しは一見悪でも、その行い自体に必然性があり、自分の為という自我が盛り込まれ無ければ、そこには不浄のカルマは生じない、やるべき責任の遂行となります。》
弟子《なるほどです。他人にために他人を殺すというのもエゴではないですもんね。最近転生系のアニメやラノベ見ていてあの世・この世の仕組みを理解する一助になっているなと思うんですが、転生系だとよく必然性の中で他人のために殺すということが出てきますね。そこにおいても前回のサティさんとのライブで木村さんが仰っていた立ち位置の件が問われているように思いました。》
《時代によれば、立ち位置次第では殺すということも必然性を持ってくるのだと思いました。それと善悪の概念の危ないところは、善に偏る人間のうちパワーがあるものが、ちょっとしたことで安易に悪に傾くのじゃないかとも思いました。》
《今まで善に生きて一般ピーを守っている、一般常識の代表だと思っていても、そこで一般ピーや常識の裏のどうしよもないエゴの汚い部分を見たときにさらっとそいつらを滅ぼすという選択も出てくるのかなと思います。これは呪術廻戦に出てくるキャラがこういうキャラなんですよね。なんというか、喧嘩好きの方が喧嘩の納め方を知っているし、喧嘩の避け方も知っているけど、喧嘩反対の人は喧嘩の納め方を知らないから手をぬけないし、避け方も知らないのに通じるのかなと思いました。翻って悪の素養を感じている人は悪の付き合い方もわかっているけど、悪の素養を認めない人は、あっさり悪に変わってしまう危険性があるということになるかなと思いました。》

こうして「ギャーナ」を展開していくと、いわゆ
る「常識人」と言われる人の持つ「善悪観」もと
ても「危ういもの」だという事が分かります。
それは単純に「悪」というものに対してワザと 「見ることを避けている」に過ぎないと言えます。
それは直視せずに、ただ「蓋をする」「逃げてい
るだけ」の行為にしか見えません。それも一つの
「幼稚」だと言えます。何故でしょう?

《さあ「チャクラ」のスイッチを入れましょう!!「氣塾」では「2番チャクラ=丹田」から順に各チャクラを「稼働」させ「覚醒」させる事が「遠隔、対面」どちらの方法でも「最短時間で可能」になっています。また「遠隔レッスン」により各種「呼吸法」も「マスター」して頂けます。》

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました