人生の「大事な決断」は一瞬でするべきだ(勘の世界は8割の経験と2割の霊感)3

決断は一瞬で予感・勘
このブログは現在2800本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

YouTube(読み上げver.)チャンネル登録お忘れなく!
《昔から「勘の世界」とは「8割が経験」で「2割が霊感」
だと言われます。》
 
「仕事」における「現象」とは、その「規模」を縦軸に
 
その「時間経過」を横軸に図に表すと「自然な放物線」を
 
描いていく様な「現象」として現れます。よって最初の
 
現象の勢いが「激し過ぎる」と放物線の角度は「60度」
 
や「70度」にもなり、収束までの時間も「短くなり」、
 
「短い時間」で「現象」は終わってしまいます。
 
また逆に、放物線の角度が「低過ぎる」と、ある程度は 
 
収束までの時間は伸びても、殆ど「現象自体が小さく」
 
終わってしまいます。ですから、
 
《この「放物線の図式」を考えると、やはり「45度」の
「右肩上がり」で「現象」が起きるのが、その
「ボリューム」と結果的な「総量」としても一番
「望ましい」という事になるのです。》
 
「プロの頭の中」には、この「図式」が自然に「宿る」
 
様になります。この「図式」が「頭の中」に「宿る」と
 
《最初の「現象」が起きた「放物線の角度」により、
その「現象の総量」と「大きさの程度」が初期の段階で
「見切りが付く」ようになるという訳です。》
 
もし、この「放物線の角度」が「高ければ」、例えば
 
「供給量を減らす」事により「放物線の角度」は「45度」
 
に「近づき」ます。また、その逆に「放物線の角度」が
 
「低い場合」、需要を蜂起する為に「付加価値を付けたり」
 
そのものの「供給価格を下げたり」する事により、その
 
「放物線の角度」を少なからず「上げる」方策を取る事が
 
可能になっていきます。これらは「プロ独特」の「世間や
 
需要の雰囲気」を受け取ったことにより生じるものです。
 
それは、ほんの「小さな」「あらら?おかしいぞ」という
 
ような「普段には無い違和感」を「察知」したところから
 
始まります。「プロ」はこの様な「違和感」には「非常に
 
敏感」に「反応」できます。逆に言えば、これに反応でき
 
ない「プロ」は「二流か三流」だと言えます。
 
「プロ」には、無理やりでも上手くいかせる「方法」があり
 
ます。つまり「一の手、二の手、三の手、四の手」と言う
 
具合ですね、「プロ」は「大失敗」して「大コケ」する訳に
 
はいかないし、それでは「プロ」とは言えない訳で、かなり
 
「不利」な条件であっても、そこそこの「成績、アベレージ」
 
に最終的には落ち着けなければいけない。
 
 
《何故「反応できるのか?」と言えば「上手く整えなけ
ればいけない」という「プレッシャー」がそこにあるから
その「能力が開かれる」のです。》
 
それが「プロ」です。
 
では「プロ」にとっての「プレッシャー」とはいかなる
 
ものなのでしょうか?
 
 
 
更に、続けていきましょう!!
YouTube(読み上げver.)チャンネル登録お忘れなく!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました