「自分の居場所」を考えてみる(居場所を作るのに、要領の良い人悪い人)4

人間関係
このブログは現在2700本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

世の中には「自分の居場所」を作るのに対して「要領
の良い人と悪い人」がいます。誰もがその性質におい
て「長所と短所」が有るものですが、「要領の良い人」
とは、その「長所と短所」どちらにおいても他の人達
に対して開けっ広げに「オープン」に出来るタイプで
しょうし、「短所」を知られて「嫌われること」を
「恐れない」タイプの人だとも言えると思いますが、
それに対して「要領の悪い人」とは、簡単に自分の
「短所」を知られるのを嫌います。余程の長い年月、
時間を共有して「馴染んだ」としても、それでも
「嫌われない」と分かっていたとしても、その性根
において、
《長所は見せても、短所を見られるのが「根本的に苦手」なのです。よって、とうしても「居場所が少なくなりがち」ですし、その「居場所」に対しても参加するのには「長所=条件」が必要だと捉えてしまう帰来があるのです。》
でも、ここで大きく引いて考えてみれば、あなたも
気が付くかも知れませんが、実は他の人達は皆さん
「あなた」の事が「とても知りたい」のかも知れな
いのです。だから一つ、こういう風に考えてみたら
いかがでしょう?
《「あなた」が本当に「自分の居場所」を作りたいと思うなら、「お近付きの一貫」でその「サービス」として「あなたの個性」を一つ「教えてあげる」という考え方もあるのです。》
そんな「サービス精神」を一つ出すだけでも、相手と
の間合いはかなり近くなり、そこに「居場所」が出来
上がります。そんな視点で、改めて見れば直ぐ分かる
事ですが、
《「取っ付き易い人」「自分の居場所の多い人」とは自分の「長所短所」どちらであってもそれを他の人達に「教える、知られる事」自体を「恐れてはおらず」それを「一つのサービス」とも捉えていて、その「サービス精神」が「旺盛な人」だと言えるのです。》
もちろん「サービスのし過ぎ」は違いますし、返って
迷惑にもなり兼ねませんが、引っ込み思案になり勝ち
な「あなた」の場合は「他の周りの人達」に対して
まだまだ「情報サービス不足」だと気付くと、結構
簡単に解決するケースが実は多いのですよ。
前項と今回での「指摘」の通り「自分の居場所」に
関する「ご相談」においては、その方の周囲の人達
に対しての「情報サービス不足」又は、その方の
「居場所」に対しての「参加条件的」な思い込みが
原因である場合が大半だったりするのですが、
中には本当に「居場所が無い原因」として、そこの
「居場所が違う」「居るべき場所ではない」場合も
あり得るのです。その場合は「本当に類が変わる
とき」だと言えます。ここでの「類」とは「魂の類」
であり「類は友を呼ぶ」の「類」、これがいよいよ
「変わるとき」を示しています。
それは、どの様なときなのでしょう?

《このご時世です。正しい「呼吸法」を身に付ける事により「免疫力」を上げていきましょう!!「氣塾」においては「遠隔レッスン」にて、各種「呼吸法」を「マスター」して頂けます。》

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました