「氣塾」への質問(果して、色々なブログを読むことが役に立つのか?)

このブログは現在2300本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

「質問」がまた溜まっておりますので、早速

「お答え」いたしましょう。今回は「広島」の

「お弟子さん」からですね。

「お世話になります。今後の勉強と為に、様々な
人達の「ブログ」を読んだ方が良いのでしょうか?」

なるほど、「ブログ」というものは、その人の「今」

の「状態」と「認識」を自由に綴る「読みもの」です。

ですから「どうでもよい」日々の「日記的」なもの

から、「専門分野」のものまで、沢山な種類のものが

あります。ですから《あなた自身が、しっかりとした

「主観」を育てて、持つことが重要です。》

「ブログ」というものが、その人の「今」であれば、

「どうでもよい」ことをしている人は、そういう

「ブログ」を書いていますし、何かを「探求」する

人は「探求」して見付かった 何かを書いていますが、

大して「責任」の無い「ブログ」の中には、

「古アパート」に住んでいる人達の「成功体験」

が数多く潜んでいたりする訳です。まして、

「紙媒体」としての「書籍」と違って「構成作家」に

よる「検閲」を受けていませんし、「専門分野」の

「ブログ」であっても「認識を間違えている」ものが

多々存在しているのも事実で、それは「書籍」として

出ているものでも、こと「ヨーガ」「仙道」「内丹」

に関しては「何、言ってるの?」と思う、ライターが

安直な「取材」を元に書いてある「認識間違い」の

ものが、多数存在しているのです。

「なら、どうすれば良いか?」

《あなたが「氣塾の人」なら、もっと「直感」と「縁」
を使って、今、あなたが「読むべき」、「ブログ」
や「本」を探すべきです。》

そして、それを「鵜呑み」するのではなく、それに

「疑問」を持ち、それが正しいか「検証」するべき

です。そうして初めて「知識」は「知恵」になり得る

のです。もしも、納得出来ない「ブログ」や「本」に

接すれば、「違和感」や「モヤモヤ」「不快感」が

残る訳ですし、腑にも落ちない訳です。てことは、

「読むに値しない!」と「判断」すれば

良いのですし、それが「身に付け」ば、自分自身で

「判断」することが「可能」になってくるものです。

《「人」とは「活字」になると、何かと「信じたく」
なるものです。》

他の人からの「言葉」と同じく、「鵜呑み」にせず、

自らの「見極める力」を養いましょう。そして、

兎に角「考える」ことです。

「考える量」がまだまだ「足りてない」のです。

そして「考え力」をつける為に「哲学」を身に付け

ましょう。「哲学」の無い人は「弱い」のです。

《「修行」には「哲学」が「付き物」ですが、

「哲学」を持つ者は、絶対的に「強い」のです。》

「本当ですよ!!」

では、新たな「テーマ」に移りましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 公式サイト|古式マスターヨーガ・武当派太極内丹法
陰の氣を操る古式マスターヨーガと陽の氣を操る武当派太極内丹法を伝授する 呼吸法 気功 瞑想教室です。

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》
(氣塾、気脈の詰まり取り施術、対面個人¥12000、遠隔初回¥10000、2回目以降¥5000)

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました