あらゆる「行」と「思い」の関係性(修行というシステム)3

このブログは現在2700本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

《「行」の「本質」は「経験」の「積み重ね」による
「変化」にあります。》

これを「前提」にして、その「鍵」が「本気の総量」と

したときに、以下のことも同時に成り立っていきます。

《「荒行」や「苦行」の様に「特定の期間」に「極限」
の「経験」をすることだけが「重要」な訳ではなく、
長い「年月」をかけて「コツコツ」と「思い」を
「積み重ね」ても、同じ「密度」にすれば「良い」と
いうことになります。》

つまり、前回の「テーマ」に出てきた「名作詞家」の

「故 阿久悠氏」の「名言」、《3分の歌も2時間の

映画も密度は同じ》と「本質」は同じという訳です。

つまりは、これを更に「ひっくり返す」と、

《「行」を続けたとしても、「心身」共に「変化」の
「密度」が上がらなければ、意味が無い。》

とも言えるのです。つまり「行」をするのであれば、

「大いに悩んで」「何故そうなるか?」と「大いに

考える」ことが必要で、更には「何が足りないか?」

を含めた「探求心」、それを「実践」して成し遂げて

得る「自信」。《それらの「沢山」の「思い」が無ければ

「意味」が無く、「技術」だけの「蓄積」では、ある

「事実」は成らない》ということを示しています。

「ある事実とは、何か?」これが「修行」の「真実」に

なります。

あらゆる「道」にある「行」を進めていく、と言うことは

「精神面」においても「誠実さ」や「純粋さ」を「要求」

されます。これは「仕方のない」ことですが、「大人」

とは、「どうせ」と言うように、兎角「冷めた」感情や

「考え方」を持っているものです。あらゆる「修行」、

例えば「信仰」であれば、「仏教」であれば、有り難い

「仏話」を聞いたり、「禅話」を聞いたりして、

「大人」は「感心」したり「反省」したりもします。

「キリスト教」においても「懺悔」をします。

「書道」や「華道」であれば、「先生」や「諸先輩方」

の「作品」や「技巧」に触れて「感動」したりも

するでしょう。そうして「心を動かし」改めたり

「反省」することは「心が浄化される」と言いますが、

これは、

《「冷めた大人」の「魂」や「詰まった気脈」を
同時に「浄化」し、元の正しい「循環」を促すことに
繋がります。》

全ての「修行」には、この「工程」が必要なのです。

「荒行」や「苦行」で、自分を「追い込む」ことも

全て、この「魂」と「詰まった気脈」の「浄化」を

して、再び「氣」の「循環」を「再生」する為の、

必要な「プロセス」なのです。「氣」の「循環」は

「気力」と「精神力」の「強化」につながり、

あらゆる「気付き」に「導いて」くれることに

なります。

ここから「全て」が「始まる」のであり、

これが「修行」に「必要不可欠」な

「事実」なのです。

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました