「氣」は「あの世?」「この世?」1

このブログは現在2500本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

https://kijuku.org/treatment/
https://kijuku.org/category/event/


・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥



遠隔氣塾申込

新シリーズに移ります。今回また良い質問を頂きました!

「これまでのブログの内容から「氣」と「チャクラ」は

やはり「あの世」のものなのでしょうか?」

良い質問です、同時に永遠の「テーマ」でもあると思います。

「ピュア」な子供のように、もし「氣」が普通に見えて

いたら、どうでしょう?例えば「白」とか「色」が着いて

いたら我々の目には、どう「映る」のでしょう?

この前のブログにも書きましたが、「氣」には幾つかの

「状態」があります。先ずは「先天の氣」と「後天の氣」

「先天の氣」は「あの世」と「この世」に降りてから、

間も無い「ピュア」な「幼少期」にまとう「氣」であり、

「純粋」ですから「サラサラ」していて「キラキラ」した

「輝き」と「力強さ」を持っており、「邪気」を持たない

ので人からは「噴水」のように「頭」から「噴出」

しています。

「後天の氣」はある程度「自我」が出来て以後にまとう

「自信」や「意志力」の表れですから、ある意味「煙」の

ように「ボアっ」と広がりを見せますし、少々の「粘り気」

を持っています。

また「氣」には「陰の氣」と「陽の氣」の違いがあります。

これは「便宜的」に「温度」と捉えてもらっても結構です。

「陰の氣」には「不活性、活性」があります。

「不活性」の「陰の氣」は「草花や木々」「土の中の微生物」

「朝の日の出」を中心に、そこら辺中、全てから

湧き上がるように出ています。都会とか街中と言っても

コンクリートやアスファルトを10cmもめくれば「土」

です。「土」の中には「微生物」が沢山いますから。

「不活性」と言うのは、あまりにも「微細」なのです。

ある程度集まらないと「力」と呼べるほど、強くない

からです。

これに比べて、人の出す「活性化」した「陰の氣」は、

「生命力」として「力強さ」を持ちます。

人の出す通常の「陰の氣」は「常温」で、その時の

「精神状態」により、その波は「変化」します。

人の「陽の氣」とは、少々「特殊性」があります。

「幼少期」に出す「先天の氣」はかなり「陽の氣」を

含んでいます、その子の「心の動き」に合わせて、

「分かりやすい波」を放出します。

「人」から出す「氣」は「状態」によって「質」も

変わりますし、「精神状態」によっても「波」が変化

します。次回は「陽の氣」の性質の中でも「大人」が

出す「陽の氣」の解説から始めて「深く彫り込んで」

まいりましょう!

さて、本日は仙台「氣塾」です。朝イチで、仙台空港に

到着いたしました。やはりこちらは京都に比べて「寒い」

ですねー!既に回数を重ねた仙台「氣塾」ですが、

この地、独特の「気概」を感じます。

皆さんも「氣塾」で「氣」を体感しにいらしてください!

お待ちしております。

では、また次回。

「氣塾」代表 木村丈彦


https://kijuku.org/


・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので
お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、
磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました