再解説「気功、練功法」と「ヒーリング」は全く違う!(あの世の気質)4

修行
このブログは現在2800本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

《あの世の気質》

では「ヒーリング」で使われる「宇宙エネルギー」又は

「あの世エネルギー」と「気功、練功法」で使われる

「生命エネルギー」又は「この世エネルギー」の「質の

差」を「考察」していきましょう。

「マントラ」を始めとした「聖音により降りてくるエネ

ルギー」は非常に「サラサラ」としたものです。非常に

「微細なエネルギー」で、人が発する「氣」とは異なり 

「意志、感情の波」を含んでいないので、基本的には違

和感を感じ難いものです。よって「この世」で言えば

「草木」から発せられる「気」になる元である「精」に

近いものがありますが、「精」は同じく微細でも「不活

性な陰」の性質な為に、少し異なります。

「内丹や仙道」では「あの世」で使用する「氣」は「先

天の気」と呼ばれますが、これは「微細な陽の気」を示

しています。システム的には「マントラ」の「サンスク

リット語」や「聖音」により「呪文的」に《「誰」が唱

えても「一定量」》「あの世」より供給されるようにな

っているのです。

この「エネルギー」は「上」から降りてくる故に「宇宙

エネルギー」、「あの世」から降りてくる故に「霊気=

レイキ」と呼ばれるのですが、「あの世」から降りてく

るが故に「あの世の情報」を「バグ」も含めて微細なが

らも含んでいる事も多い為に、その性質が「霊術や心霊

ヒーリングの根底」になっているものと思われます。

私はよく「陰の気」を「水」「陽の気」を「お湯、熱湯」

に例えますが「ヒーリング」の「エネルギー」は「霧=

きり」と言えます。「微細」であるが故に「心地良く」、

不快なものも無いのですが、「氣」を扱う立場から見れ

ば、微細であるが故に「氣」の様に「束ねたり」「練る」

ことによる「濃縮」が出来ません。よって強く変化させ

ることは「不可能」で、言わば「クイックマッサージ」

な訳で「修行、訓練」を伴う「整体や整骨」には至らな

い為に、また「元」に戻ってしまう。だから「癒し」で

あり「ヒーリング」と呼ばれる「理由」だとも言えるの

ではないでしょうか?

いかがでしょうか?本来「サラサラ」している筈の「宇

宙エネルギー」をそのまま相手に「ギフト」すれば良い

のですが「レイキ」や「ヒーリング」の施術者は基本的

に我々の様に「精神修行」をしていないが為に、相手に

対して「自分の我」も含めて「ギフト」しまう訳で、こ

れが「いざこざや揉め事の元」となるのですが、そこに

は「段階的な導き」や「カリキュラム」が存在していな

いから、仕方のない事だと言えますよね。

《さあ「チャクラ」のスイッチを入れましょう!!
「氣塾」では「2番チャクラ=丹田」から順に各チャクラを「稼働」させ「覚醒」させる事が「遠隔、対面」どちらの方法でも「最短時間で可能」になっています。また「遠隔レッスン」により各種「呼吸法」も「マスター」して頂けます。》

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました