「氣」は「感じる」のが手っ取り早い(腹式呼吸だけでは「氣」を十分に発生出来ない)2

腹式呼吸
このブログは現在3000本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

《「氣」は「感じる」のが手っ取り早い》と思います。
 
何故なら「氣塾」でなら、その場で「氣」を感覚的に
 
「分かる」「感知できる」強さで「体験」して頂ける
 
からです。巷にこれだけ「ヨーガ教室」や「気功教室」
 
が有るのに、何故「氣」をマスター出来ている人が
 
未だに「少ないのか?」と言いますと、
 
《単純に言えば、現在、日本に有る殆どの「行法」が
「緩い」からだと言わざるを得ません。》
 
《何故「緩い」のかと言うと「呼吸法」にしても教える
事が出来ているのが、基礎的な「腹式呼吸」しか出来
ていないからだと言えます。》
 
大抵「呼吸法」と言えば、何処でも「腹式呼吸」で
 
「鼻で吸って、口で吐く」という「鼻吸口吐」になる
 
と思います。これを「中国」では「文息」と言います。
 
《「文息」とは「文房に居る人」つまり「中国」では
「書斎や作業場、アトリエ」は「文房」と呼ばれます。
よって、「文房に居る人」とは「書家、物書き、絵師
職人」を含めた「クリエイター」という事になり、
「文息」とは「クリエイター」の為の「呼吸法」となる
のです。》
 
これだけでも「ピンとくる人」はおられるかと思います
 
が、「文人=クリエイター」とは「創作」の為に、とて
 
も「落ち着いた」「環境と精神」を必要とします。
 
《つまり「文息」という「腹式呼吸」は、仮にその人が
パワー的に「気力」を持ち合わせていたとしても、その
「力」を落とさせて「安定」させる為に本来使用される
「呼吸法」となるのです。》
 
「分かりますよね?」でも本来「気力」とは「気が強い」
 
の言葉の通り「パワー」ですから「増強」させないと、
 
その「力の程」を感じたり、実感したりは「出来にくい
 
もの」であると言えるのです。
 
《そして、この「文息」の「真逆」に当たる「呼吸法」
が「武息」と言います。「武息」とは「武人」を表し
その名の通り「武士、軍人」を含めたあらゆる「戦う
人」ですから「経営者、勝負師」等も含んでいます。
「武息」とは「戦う人」の為の「呼吸法」となります》
 
「武息」とは「逆腹式呼吸=胸式呼吸」となり「口で
 
吸って、口で吐く」という「口吸口吐」の「呼吸」と
 
なります。「氣塾」の「古式マスターヨーガ」「武当派
 
太極内丹法」このどちらも、この「武息」を使用します。
 
何故なら、まず何よりも「気力のパワー」を強化する事
 
に重点を置き「特化」しているからだという事です。
 
だから、簡単に「ビバっと」感じる事が出来るのです。
 
 
 
更に、続けていきましょう!!
 
 
 
 
 
 

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました