人は犬や猫に生まれ変わるのか?の検証(人と他の動物では、潜在意識以外の顕在意識が異なる)3

このブログは現在2800本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

「仏教」においても言われる通り、あらゆる「生きと
し生けるもの」は「より良くなろう」とする「性質」
を持っています。その「より良く」とは自らの「種」
の「長寿と繁栄」そして「保存」てす。そしてその為
に「本能」という「考えなくても良い予め備わる機能」
があり、その一番手が「簡単に死んではいけない!」
「生き残ろう!」「危険を回避しよう!」という「生
存本能」であり、更には「虫の世界」においてもその
「意識」は分かりませんが、自分の「子供」が「外敵」
に会えば、その「子を守ろう!」とする「愛の片鱗」が
見える事が有ります。「蟻や蜂」にしても「仲間を守る」
為には外敵と戦います。
《我々はどうしてもそこを「擬人化」をし感情移入して見てしまいますが、これらの「虫の行動」でさえ「本能」なのです。つまり「本能」なのですから我々と同じく、「無意識下」から「衝動的に発現」して行動を支配する「力」だと言えます。》
この働きが「生きとし生けるもの」に共通する「魂の核」
である「真我」によるものなのです。では「魂の構造学」
において、「更に進化を重ねた生き物」とは「何処が異
なるのか?」という事になりますよね?

《やはり、その答えは「意識」です。「意識の持ち方」とも言えます。「本能」が「無意識下」から湧き出る「行動の支配力」だとしたとき、「無意識」でない「思い、考える」事が出来る「意識」の領域が大きく「異なる」という事です。》
《なら「思い、考える」レベルの「意識」には「何が必要になるか?」を考えれば答えに近付く事が出来ます。その「答え」とは「記憶」の持ち方が異なります》
これは「生物学的」には「脳の質量の違い」という答
えで片付けられてしまいますが、「蚊や蟻、蜂」にお
いても「外敵や困難」に対しての、ある程度の「学習、
記憶能力」か有る事が最近分かっています。ですから
「脳の質量」という程、そこまで安直ではなかったと
いう事です。まあ、それでも「脳の質量」においての
「記憶の蓄積量」の違いはある程度以上に有ると思い
ます。あなたのお家の「犬や猫ちゃん」は、凄く「個
体差」は有りますが、人で言えば「2歳~3歳」の「思
考能力」を持っています。そこで分かるのは、
《「虫や小動物」との「決定的な違い」とは、経験による「思い」の「記憶」に「学ぶ」という「学習能力」だと言えます。》
《そして、その「犬や猫ちゃん」による「記憶」とはどの様に「保存」されているか?と言えば、基本的には単純な「映像情報」と「音声情報」又は「匂いの情報」といった「感覚的情報のみ」という事になります》
ここまで、分かりますよね?

《さあ「チャクラ」のスイッチを入れましょう!!「氣塾」では「2番チャクラ=丹田」から順に各チャクラを「稼働」させ「覚醒」させる事が「遠隔、対面」どちらの方法でも「最短時間で可能」になっています。また「遠隔レッスン」により各種「呼吸法」も「マスター」して頂けます。》わ

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました