「右脳的思考」と「左脳的思考」どちらが良い?(右脳的に先に勘を拾って左脳的に実行するのが正解)6

予感・勘
このブログは現在2800本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

つまり「何が起こるか分からない」特異な「転換期」
と言える現代において、我々は
《「左脳的思考」による「理論的」な「整合性」が 良いか、「右脳的思考」による「直感的」な「ひらめき」の方が良いのか?ではなくて、どちらも必要で、どちらも必要に応じて「自在に使える能力」こそが「大切」だと言えるのです。》
ただし、世の中が「何が起こるか分からない状態」
にあるのですから、「右脳と左脳」どちらを「先」 
に「使用するのか?」これが「一つの上手く行く
コツ」だと言えて、その観点からは、
《先ずは「右脳」で「直感的」「ひらめき的」に考えてから、それを「左脳」により「理論的」な「整合性」を取って、それを「方法論」に転換して行く。》
「何が起こるか分からない世界」では「理論、理
屈」での「物事のきっかけ」は通用しませんし、
「右脳的な勘」が先行する、この「方法」の方が、
逆に「確率的にも高くなる」と思われるのです。

「氣塾」において私は様々な「経営者」とお会いし
てきましたが、優れた「経営者」は皆「右脳的思考」
から物事を始めます。何故なら、これまでに無い
「画期的な物事」とは、全て「常識の外」にあるも
のですから、そもそも「過去のロジック」には当て
はまらない筈で「イノベーション」は全て「常識外」
なのです。「理論」はあくまで、その「常識外」を
現実に「落とし込めるか?」の「手段」として使う
ものだと考えています。
《「勘と思い付き」による「新たな発想」とそれを「現実化」する為の「手段、算段」としての「理論、理屈」これからの「新しい不確定な時代」に何かを生むのは、そんな「右脳と左脳」を融通無碍に使える「センス」にあります。》
もし、これらを「理解」していても「論理ロジック」
から「離れられない」というあなたは、リーダーと
しては「難しい」と思われますが、そんな人を「支
えて」「実現化」する「副官、番頭タイプ」だと
言えます。人にはそれぞれ「お役目」というものが
あります。いつの時代でも「リーダー」とは「突拍
子のない発想」が出来る「ポジティブ思考」の持ち
主でないと、人は付いていけないものなのです。
「また、社長が変なことを言いだしたよ!」と言い
ながらも、面白がってそこに「何故か希望のある社
員達」そんな形こそ理想的ではないでしょうかね?
どんな時代であっても「昨日の非常識」は「明日の
常識」なのですから、そんな「非常識」に挑戦する
「クリエイター」によって、新たな「社会の形」が
作り上げられて行くのだと思います。

《さあ「チャクラ」のスイッチを入れましょう!!「氣塾」では「2番チャクラ=丹田」から順に各チャクラを「稼働」させ「覚醒」させる事が「遠隔、対面」どちらの方法でも「最短時間で可能」になっています。また「遠隔レッスン」により各種「呼吸法」も「マスター」して頂けます。》

では、新たな「テーマ」に移りましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました