再解説、どの時代の誰にでも当てはまる成功法則(転換期には悲観論が広まるもの)3

成功法則
このブログは現在3000本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

《転換期には悲観論が広まるもの》

《どの時代の誰にでも通用する「成功法則」》

《「悲観論者」に「成功」出来る者は、実際には

いない。》

これは「歴史」により証明されています。例えば

18世紀半ばから、19世紀に掛けて起きた「産業構造」

の革命的変化である「産業革命」。これにより

それまで全てが「手作業」であった「製品製造」は、

機械化され、輸送から交通まで全てが「動力」を

持つものに至りました。それは「社会構造」自体の

「変革」ですから、当然「旧態的な構造」に関わる

人達には「社会的不安」が起こり「ラッダイト運動」

と言う「機械破壊運動」も起こりました。確かに

旧態的な人達の「失業者」が一時的には増えました

から、その他の民衆にも「社会不安」は広がりました。

でも、結局それも一時的なもので、新たな「産業構造」

による「高度成長」により雇用は増え、現在に至る

まで「人の仕事」は増え続けてきた訳で、現在では、

効率的な「機械化」は至極当然の常識となっている

訳です。「1973年」と「1979年」の「オイル危機」も

そうです。当時は「石油資源」は後30年で枯渇する

と言われたものですが、今日、その様な議論は既に

皆無となりましたし、「オイル危機」は当時の

「イラン一辺倒の依存体質」から積極的な油田開発

や「非石油エネルギー」への模索も含めて日本企業

に「エネルギー効率」に対する革新を促すことに

非常に役立ちました。

つまり「社会構造」が変化する度に、毎度世の中に

は人々の不安を煽る「悲観論」は出てくるもので、

またその「悲観論」は、民衆の「ネガティヴな心理」

に溶け込みやすい為に、急速に普及するものなの

です。でもその後の結果という「歴史的事実」を

見てみてください。

《「歴史的な変換期」には必ずネガティヴな

「悲観論」が民衆に広がりますが、その後の結果

としては「楽観論の全勝」であり「悲観論は全敗」

なのです。》

人はこれまで「変換期」に起きる不安を逆手に

取って、新たなものを生み出すための糧としてき

たのです。「悲観論者」は必ず物事の「結果」を

見届けてからでないと、次の行動に移ることが

出来ません。だからあらゆる「行動が後手」になり、

先を見越せない、その場しのぎになりがちです。

でも、それでは「時、既に遅し」です。

「楽観論者」は、それより「もっと前の時点」で

「ポジティブ」に「新たな時代」に合わせた

「新たなアイディア」を夢見て、行動を始めていま

す。新たな「マーケット」や「ルール」は、そんな

「先進的な楽観論者」によって開かれ、決められる

のですから、その後で「ルール」に従う「悲観論者」

は成功出来ないのです。

《楽天家は、困難のなかにチャンスを見い出す。

悲観論者は、チャンスのなかに困難を見る。》

「ウィンストン・チャーチル」の言葉です。

いかがでしょうか?

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました