「超格差時代」に必要な生き方(駄目なものは今既にフリーズしているもの)1

成功法則
このブログは現在2800本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

「皆さん調子はいかがですか?」まだ「コロナ禍」
も終わった訳ではないのですが、まるで世間は
「終わった体」で新たな物事が進んでいます。
今回の「コロナショック」は様々な「業界」に大
きなインパクトを与えました。これにより「時間」
は一気に「3年〜5年程」早送りされたと思います。
前のテーマにも書きましたが、「コロナ前」の日本
は良くはなくても「内需は堅調」で「米国や中国」
と比較して、あらゆる「旧世代のビジネス」の淘汰
入れ替わりに関しても「緩やかに」進行していたと
思われますが、今回の「コロナショック」の影響に
より、時間が「強制的に早送り」された為に、
《最早「旧世代の古いもの」や「いい加減なもの」「中途半端なもの」これら「新時代には不合理」な全てを「生かしておく、ゆとり」を既に「失って」しまいました。》
それらはこの後急速に「淘汰の波」により我々の目
の前から消える事になるでしょう。
《それらの物事は現在既に「フリーズ」していて、「サイト上」も含めて「何も動かない状態」になっている筈です。つまり今「動かない」「動いていない」あらゆるモノやコンテンツは「動けない」のだと言えます。》 
「何故、動けないのか?」というと単純に「それど
ころではない」からです。これは「個人レベル」に
落とし込んでも顕著です。誰もが「ご飯」を食べて
いかないといけませんから、今は「普通に真っ当な
仕事」でもって、とりあえず食べていくしか無い訳
で最早「旧世代の古いもの」や「いい加減なもの」
「中途半端なもの」これら「新時代には不合理」に
「かまけている余裕」が無いから「フリーズ」して
いるのです。ならば「コロナ禍」が明けて、少しで
も「ゆとり」が出れば、それらも「復活するのか?」
となりますが、それは無理です。
《既に「新しい時代用」の物事が今「進行」していて、直ぐに「新しいルール」に切り替わってしまいますから、それらは既に「オワコン」だからです。》
よって、現在「普通に真っ当な仕事」に対しては既
に人は集まり過ぎて「飽和状態」になっています。
よって、それらの「業種」の「労働賃金」はとても
「低く抑えられていル」状況なのです。
《なら、それらの人達が、これからどうなるのか?というと、そのままに「ホールド」される事になるでしょうね。》
つまり「超格差時代」の到来となるのです。
今回のテーマは、この「超格差時代」において、い
かして「過去の類」から「脱出」を計るのか?に付
いてお話ししていこうと思います。

《さあ「チャクラ」のスイッチを入れましょう!!「氣塾」では「2番チャクラ=丹田」から順に各チャクラを「稼働」させ「覚醒」させる事が「遠隔、対面」どちらの方法でも「最短時間で可能」になっています。また「遠隔レッスン」により各種「呼吸法」も「マスター」して頂けます。》

更に続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました