「超格差時代」に必要な生き方(「格差の下」に落ちたくなければ、今覚悟を決めなさい)2

成功法則
このブログは現在2700本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

《「超格差時代」において、「格差の下」に落ちてしまった人達が「もう這い上がれ無いのか?」というと、そんな事はないのです。》
何故なら「新時代」になって、今着々と「新しい時
代の仕事」が出来上がりつつあるからで、それらが
新たな「雇用」を作る事になるからです。そんな
これからに「大切な物事」とは何でしょうか?
《「超格差時代」においては「中間の中流」があまり存在しません。つまりそれだけ「間の空間」は「大きい」と言えます。》
ですから「明確な意思」が必要になります。それは
「過去の格差」から「抜け出すのだ!」「這い上が
る!」という明確な意思です。これが何を意味して
いるか?《それは「過去の類」からの「決別の意志」
であり「明確な覚悟」の提示の必要性たと言えます》

ここで言う「類」とはもちろん「類は友を呼ぶ」の
「類」です。実際に「過去の類」との「決別」とは
難しいものなのです、我々には過去の思い出があり、
それによる「情」がありますから、それが「足を引
く」のです。「過去の類」に属する皆さんからして
も「あなた」がその「類」から出ようとしているの
は「寂しい」訳ですし、何処か「羨ましく妬ましい」
訳ですから「そんな挑戦、辞めておいた方が良いよ!」
と止めに掛かるでしょう。もちろん、その言葉の中
には「あなたの苦労している顔を見たくない」とい
う「優しい心」が有るのも本当だとは思います。
でも、その言葉に「耳を傾けてはいけない」のです。
《何故なら、その「過去の類」の人達は、その「類から出る」「成長する試み」を、自分達と同じようにあなたにも「諦めて欲しい」のです。》
つまり、ここで「あなたの覚悟の程」が問われる事
になります。本気でその「類」から出て、本気で成
長して、新たな「類」にステップアップする事への
「苦労の覚悟」です。まあ「挑戦」してから諦める
ならまだしも、この「時点で諦める人」は、そのま
まの人生をそこから長きに渡って歩む事になります。
《それもこれも「あなた次第」ですし「あなたの自由」全て「あなたの選択」だと言えますが、必ず後で「後悔」が待つでしょうね。》
私は「あなた」なら、必ず「挑戦」する事を信じた
いと思います。人は「挑戦」を重ねて「悪あがき」
も散々重ねるからこそ、どんどん「類」を登り詰め
ることが出来るのです。私も散々挑戦して来たから
「今の私が有る」訳ですし、これからも挑戦を重ね
ることは辞めないでしょうし、諦めないでしょう。
だから、ここは一発「覚悟を決めて頂きたい」と
思います。その「覚悟がある方」だけが、ここから
先を読んで頂けたらと思います。

《さあ「チャクラ」のスイッチを入れましょう!!「氣塾」では「2番チャクラ=丹田」から順に各チャクラを「稼働」させ「覚醒」させる事が「遠隔、対面」どちらの方法でも「最短時間で可能」になっています。また「遠隔レッスン」により各種「呼吸法」も「マスター」して頂けます。》

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました