「抜苦与楽」「慈悲」の実践のあり方(本来どうでも良い筈の他人に愛情を発生させる)7

実践
このブログは現在2700本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

「抜苦与楽の実践」において「仏教」特に「チベット
密教」での「トンレン瞑想=慈悲瞑想」では、主に
自身の精神内に本来、人が内包する「慈悲の心」を
目覚めさす為に「対象」を設けて「本来どうでもよい
筈の他人」に「愛情」を発生させる「技術」だと言え
ます。でも、それでは「真のトンレン=慈悲瞑想」と
言うよりも自身に対して「慈悲の心」を観ようとする
「慈心観」と「変わらないのでは?」と思われます。
そのレベルの「実践」に関しては、これにより他の
人達に相対した時にも、大いに「受け入れ」て「認め
る」会話や対応で挑めるというものです。まあ、これ
が本来の「仏教の形」なのだ!と言われてしまうと
そこまでの話となるのかも知れませんが、
《「古式マスターヨーガ」における「トンレンの実践」とは「もう一段階上」の、より具体的な他の人達との「交流の技術」として「トンレン」は機能すべきだと伝えられているのです。》
そして、それはより具体的な「氣による交流」を目指
すものです。
《それは、互いに相対して座り、双方共に「手のひら」を出し合って「呼吸法」により互いの「氣」を「循環」させ合います。》

『より実践的な「トンレン技法」の流れ』
《リードする「術師」が相手に「氣」を入れれば、押し出された「対象者の氣」に潜む「苦」は「術師の体内」に入って来ますから、それを「読んで、認識する」のです。これにより相手との「精神融合と調和」が進みます。》
《「対象者」から入ってきた「苦の氣」を「術師」は平常の「ノーマルな氣の波」に変換させて返します。また大抵の場合「対象者」は「気力の弱り」と「気量の目減り」が発生している筈ですから、「力と量」を補います。これが相手からの苦を抜く「抜苦」となります。》
《更に「術師」は双方の「氣の循環」において「対象者」の「ノーマルの氣」を更に「呼吸法」により「膨らませて、弾ませた」「楽な氣」に変換して返してあげていくのです。これが「与楽」となります。》
いかがでしょうか?自身の精神内に「慈悲の心」を
設けて、大いに「話を聞いて、頷き」その中にある
「苦の心」を認めて、「解決策」を考えて「力付け
る」。これだけでも大切なことですし、十分なこと
かも知れません。
《でも、本当に「相手の心」から「苦」が無くなり精神が「やる気」で満ちて「楽」なって、具体的な「解決の道」に進める方が、より「役に立てた」と言えるのではないでしょうか?》
私は、ここまで全力を尽くしてこそ、より「実践的」
な「トンレンの姿」だと思います。「実践」とは、
やはり他の人達の「役に立って」初めて成就するも
のだと思います。「あなた」はどう捉えますか?

《このご時世です。正しい「呼吸法」を身に付ける事により「免疫力」を上げていきましょう!!「氣塾」においては「遠隔レッスン」にて、各種「呼吸法」を「マスター」して頂けます。》

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました