再解説、仕事、信仰、習い事、修行、どうすれば続けられる?(どの道を選んでも登る山は一つ)2

修行
このブログは現在3000本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

《どの道を選んでも登る山は一つ》

「仕事」「信仰」「習い事」「行法」あらゆる世界に

奥行きと深さがあり。誰もが、それぞれの「道」をひ

たすらに歩むことによってのみ「身を修めて」それな

りの「修得者、マスター」と成ります。それぞれの世

界の「奥行きと深さ」は皆さんが考えるよりも、思い

のほか長く、よって「3年、5年」では事はならず、

10年単位の月日を捧げることを要求します。

《その代わりに「捧げた月日」の代償として、それが

「仕事」でも「信仰」「習い事」「行法」であっても、

ほぼ同質の人として「必要な智恵」を分かるようにな

っているものなのです。》

これ、面白いのがどの道であっても「得れる智恵」と

は「捧げた月日」に応じて「順番、数」においてほぼ

同じなのです。

《つまり「登るべき山は一つ」であり「あなた」は

「仕事」「信仰」「習い事」「行法」どのルートで

山を登りますか?ということを、我々は問われてい

るのです。》

これが理解出来れば、あなたは自分が最も得意とす

る「ルート」で山を登れば良い訳で、そんなに「他

のルート」を羨ましく思わなくても良いということ

になります。それでも我々は、どれかの「ルート」

で登れと言われている訳ですが、ある「信仰」には

こんな「言葉」があります。

《何事でも、千日の辛抱をしなければ一通りの修行

は積めない。信心も、千日の信心が続けば、だいぶ

ありがたくなる。しかし「おかげ」を落とす者がで

きだすのも、このころからである。信心は一年一年

ありがたくなってくるのでなければ本当ではない。》

つまり二年、三年と続けるが程に「ありがたさ」を

実感している様な者でなければ、二、三年程で

「おかげを落とす」つまり「迷いが生じる」と言っ

ているのです。誰もがいい加減な気持ちで「仕事」

「信心」「習い事」「修行」を始める訳ではないの

はそうなのです。でも、大半の人が「二、三年」そ

して「五年目」に「おかげ」「迷い」が生じる事に

よって「脱落」「続けれなく」なってしまうのです。

「いい加減ではない人」が何故か続けられなくなっ

てしまう。そこには、何らかの訳が有るのだと言え

るのではないでしょうか?

では、更に「何故、続けることが出来ないのか?」

について詳しく掘り下げていきましょう!!。

いかがでしょうか?続ける年毎に「ありがたさ」を

感じるという事は、その年毎に「進歩成長」をして

いるという事です。「進歩成長」をする為には絶え

ず物事を問うてその答えを見付けたり、この世の中

の理法に触れて「なるほど!」を重ねて、心を動か

さなければ「ありがたさ」は生まれないのです。

ならば、言われた事だけを守り、やるだけでは駄目

で自らが「より良く」の為に考え、実践を重ねる必

要があるという事です。あなたの主体性が問われます。

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました