再解説、エンパス能力(感応能力)の正体と活かし方(最良のコミュニケーション力)8

エンパス(共感)
このブログは現在3000本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

《最良のコミュニケーション力》

「エンパス能力」とは「共感」「共鳴」する能力です。

「家族」「恋人」「友人」「仕事関係」、あなたの周

囲を形成する「人間関係」には様々な「トラブル」が

付き物だと言えますが、

《その本来の「原因」とは、それぞれに「思惑が違う」

ことにより「誤解やすれ違い」が生じる訳で「エンパ

ス能力」は、その「思惑違い」を「汲み取る」ことに

より「円滑に解決」に向かう「力」としても使用でき

るのではないでしょうか?。》

つまり「共感力」とは「人間関係」を解く、大きなヒ

ントであり「鍵」になるのです。他の人の心を「理解」

する事は「他の人の立場を理解」します。

それは「相手の身になった心情」を汲み取ることにつ

ながります。

《相手が「困って」いる時に、自分は何が出来るか?》

これは、意外と難しいものなのです。

何故なら「大人」は仮に本当に困っていても、なかな

かその「問題の核心部分」を他人に正直に言うことが

出来ません」。》

それは、問題が複雑であったり多重であったりして、

その思いから「断片的」にしか説明出来ない、要領よ

く説明出来ない場合があります。そこには「身内や友

人」にも「話難い事情」や遠慮もあるでしょう。

私が「氣塾」で多数の困っている人の「相談」を受け

ていて痛感するのは、

《「大人」は意外と「肝心の困っている物事」や

「本当に困っている物事ほど」実際には「言い辛い」》

ということです。つまり、あまり大人は「自分の思い」

を「正確」に言葉にして表すのは得意ではないとも言

えます。そこで「共感力」が「力」を発揮します。

《「共感力」とは「大人」に有りがちな「言葉の足り

ない」「表現し辛い」部分、すなわち「心のひだ」を

理解してフォロー、補填する事が可能なのです。》

《この「共感力」は「コミュニケーション能力」の

中の最強にして最良の形だと言えます。》

私の「個人セッション」は、この能力をフル活用する

ことにより成り立っています。

ですから「氣塾」では、この能力を進んで「トンレン」

という技術によって「訓練」「体得」して頂いている

のです。

いかがでしょうか?人の「本音」とは、聞いても答え

てくれるものではなく「汲み取る」必要があるのです。

それは、どの「プロの世界」でも共通なのです。本当

の「本音」や「不満、不具合」は大人であればなかな

か口にはしません。角が立つのを恐れるからです。

でも、そこにとても「大切な部分」が潜んでいます。

あらゆる「不」つまり「不平、不満、不具合、不必要」

これらを「取り除く」これらを「解決する術」それら

全てが「あらゆる仕事の元、ニーズ」になると言われ

ます。皆さんの住む社会や経済とはそういうものでは

ないでしょうか?

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました