もっと気配を感じましょう!気配の感じ方(ここで改めて、気配とは何ぞや?)3

感覚
このブログは現在2800本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

ここで、改めて「気配とはなんぞ?」を考えてみましょう。
「気配」とは「けはい、きはい、けわい」とも言われます。
《はっきりとは「見えない」状態にあっても周囲から「漠然」と感じられる「何か」がある、又は「感知される」認識を意味します。つまりは「気の配置」による認識のことです。》
「ネズミ」や「ネコ」に限らず「小動物」や「虫」には、
とてもこの「気配」に対して「機敏に反応」するものが
ありますよね、その根本には「生存本能」が有ります。
人も元々「動物」である以上、今でこそ「食べられる
心配」はする必要が無くなりましたが、何も「警戒せず」
森の中なんぞを歩いていればとても危険な訳で、人もその
様な「環境、条件」が有れば、必要に応じて「気配」を感
じようとしますし、この「感覚」は「鍛えること」によっ
て「鋭敏」になります。
《我々は日々この「感覚」を鍛えている訳ですが、それは「氣」に含まれている「情報」を「いかに読み取れるか?」の「技術」でもありますので、他の人の「氣の情報」を読み取る「トンレン行法」を進める事により鍛えることが可能なのです。》
これを「気のシステム理論的」に説明しますと、人の周り
には「全方向」に向かって「氣の場」が形成されています。
ちょうど「リンゴの断面」の様な形で、その中心の「芯」
の部分が人です。これを西洋では「トーラス」と呼びます。
《「氣」は頭頂部の「7番=百会」から出て、緩やかに円を描いて「○玉と肛門の間」にある「1番=会陰」に戻るという「ベルトコンベア」の様な「循環」を持っています。》
「普通の大人」の場合「気脈の詰まり」が有りますから、
ショボくなりますが、それでも「30㎝」程度は有りますね。
《「この「氣のベルトコンベア」に乗って「外からの氣」が体内に送り込まれてきて、それを鳩尾部にある「4番=魂」が「ポスシステム的」に「ピッ」と読み取って反応してそれを「頭」で認識しているのです。》
「普通の大人」の場合はこの「循環」は「30㎝程度」です。
例えば「混んでいる電車」に乗れば、この「自分の間合い」
の中に「他の知らない人の氣」が入って来ますよね?だから
そんな時は「違和感」を覚えて「鬱陶しい!」という気持ち
になるのですが、それは「知らない人の氣」だからと言えま
す。既に「身内や友人等」の「知ってる人の氣」には「馴染
み」が有るから「平気」なのです。「警戒」が要らないから
ですね、それに対して「知らない人の気配」を「感知」すれ
ば、だれでも「身構えて、萎縮」してしまうのは、まさしく
「知らない人の気配」を「感知した」からこそ「そうなる」
と言えるのですよ。

《このご時世です。正しい「呼吸法」を身に付ける事により「免疫力」を上げていきましょう!!「氣塾」においては「遠隔レッスン」にて、各種「呼吸法」を「マスター」して頂けます。》

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました