弟子との「ギャーナ」の日々(我流、自己流の難点と弱点)3

哲学
このブログは現在2700本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

《弟子との「ギャーナ哲学」》の続きとなります。
「お題」は「HSP、エンパス能力者」と我々「行者」
の「能力比較」において、情報を受けた後の「自己
コントロール」の差に始まり、「修行」による「自
己制御論」更に「我流、自己流」の弱点、難点へと
進んで行きます。前回より続きます。

弟子《なるほどです。行者はそこでエゴは消せるが行を積んでいない単なるエンパスはそこでうろたえてしまうのかなと思いました。》

私《そういうことです、普段の私はあなたと話をしている私ですが、氣塾で何かをする時には全てを変えますよね?つまりはモードを切り替えているのと、その中に「異常な集中力」を使うのです。彼らは「自分を変えられません」それは修行をしていないので当然そうなります。そこがあまりにも違うのです。》

私《更には「悪事も慣れ」と言います。つまり悪事も慣れてしまえば「悪いことをしている」という自覚は無くなり、普通のことをしている自覚になるのですが、そうなると彼らは相手の心内を「拾えなく」なります。それに対して我々行者の正解とは、そもそもそういう「生根がズレている人」とは「付き合わない」という選択をするでしょう。そこにも差が存在しますよね。》
弟子《なるほどです! 修行をしてないと、多重人格を制御できないとも言えますね。「内田樹の修行論」じゃないですけど、修行を通じて生まれ変わっていくというのは、別の人格となっていくわけですが、修行をしていない人はうまわれかわって他の人格となったり他の人を受け入れるだけの器の大きさを身につけることができないのかなと思いました。》
私《もっと安直に言えば「HSP」の人達は「悪い方」にはとても反応しやすいのですが「良い方」には反応し難い、つまりあまり使えない、役に立ち難い能力だと言えます。》
私《何故、修行に励むのか?と言えば、やはり師匠の言ったとおり、人としての階段を一段一段登る事こそが人としての最大の喜びだと言えます。そこから行者により別れますが、我々の場合、それでも決して聖人にはならず、人としての感情を維持してこそ感じ取れる幸福感だと言えます。何故なら修行を続けていると、仏性が宿り、徐々に坊主くさくなるからです。良かれ良かれで「変に正しい精神」にこだわるようになります。これは、意外に私からすれば「安易な事」なのです。》
弟子《坊主くさいというのも言い当て妙ですね。変にこだわりが入ると正しいものを設定してしまうようになるのかなと思います。行者の生き方って本当に難しいなと思いましたね。自分のこだわりが入らない方がいいわけですから。行に対して真面目過ぎると所知障くさくなるか坊主くさくなるのかなとも思いました。》
私《「こだわり」は入れたり、捨てたり、それも切り替えですよ、全てはモード切り替えです。それを「自在」と言います。》
弟子《なるほどです。ただ我流でやってる人はそこの切り替えがで気ないのかなと思いました。》
私《この「自在」こそ「自在菩薩」の自在です。自己を融通無碍、自由自在に変える力です。》
弟子《我流じゃその辺が厳しいのだなあと思いました。結局我流って他人を知る上で限界があるのかなと思います。》
私《時と場合により「人格と集中力」を自在に切り替える力です。》
弟子《これは行の世界だけではなく囲碁将棋、武道にも通じるのではないかなと思います。やはり拝師してないとなかなか他人を知ることができないと。》
私《やはり、我流や自己流では無理ですね、それは明確に存在する「段階とカリキュラム」を登らないと無理です。それは「仕切りの無いジグソーパズル」と同じで、何から始めるか?何の次に何が良いか?は我流では分からないですからね、そうすると「暗中模索」するしかない、それでは時間が足りなさ過ぎる。そんな無駄な時間はやっていられません、効率が悪過ぎます。》
つまり、いつも最後は人の限られた「寿命、時間」
の問題となります。我々はその「限られた時間」の
中で何かを気付いて見付け、何かを成し遂げなけれ
ばいけないのです。「我流、自己流」はその点を無
視した無謀な行ないだと言えるのです。

《さあ「チャクラ」のスイッチを入れましょう!!「氣塾」では「2番チャクラ=丹田」から順に各チャクラを「稼働」させ「覚醒」させる事が「遠隔、対面」どちらの方法でも「最短時間で可能」になっています。また「遠隔レッスン」により各種「呼吸法」も「マスター」して頂けます。》

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました