脅威「氣塾古式マスターヨーガ式ダイエット」(何故水なのか?中医の「気、血、水(津液)」)4

ダイエット法健康法
このブログは現在2300本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

近年、日本においても「モデルさん」とかが「体型維持」
の為に1日に「3リットル」水を摂取する、とか「スポーツ
インストラクター」により、スポーツをする際の「水摂取」
の重要性は言われる様にもなりましたが、この考えの元は
「インド医学」や取りわけ「中国医学」においては「昔から」
言われてきた事でもあります。特に「中医学」では古く、
「前漢代」に編集された、中国最古の「医学書」にて「鍼灸」
から「漢方」に関する指南書《黄帝内径》において解説されて
います。元は「黄帝」ですから、我らの「太極内丹法」の始祖
でもあり「鍼灸」「漢方」「気功」「点穴」までが「体系化」
されて解説されています。
《「中医学」では「漢方薬学」においても「気、血、水
(津液)」が重要視されます。》
「飲食物=水穀」の「栄養=精微」及び「空気中の酸素=自然
界の清気」が、身体の基礎物質である「気、血、水(津液)」
を作り、更には「骨や肉」を作り、同時に「エネルギー源」
にもなっていると考えています。
「気」には「宗気=推動作用」「営気=栄養作用」「衞気=
防御作用」「元気=活力旺盛作用」の四種と「正気=免疫抵
抗力作用」「経気=経絡気脈の気の作用」「臓腑の気=五臓の
気の制御作用」等から成り、「気」とは最も「物質性」が低く
「運動性」が高いものが「陽」その逆を「陰」としています。
「中医学」における「血」とは「西洋医学」の「血液」とは、
若干「概念」が異なります。「中医」における「血」とは、
「気」よりも物質性の高い液体であり、全身に栄養を運ぶと
いう「主役割」だけではなく《「精神活動」を支える物質》
とされます。よって不足すると「不眠、不安、健忘」の元と
されます。「血」は「脾=ひ」で生成され「心」の力で
「血脈」と「経絡」を循環し「肝=かん」に貯えられる、と
されます。
そして、いよいよ大切な「水=津液」です。「中医」に
おける「水=津液」とは「血以外」の「体液」全ての事を
指しています。消化された食べ物の水分が小腸や大腸から
「脾」に運ばれ生成されます。「津液」の主要機能とは
「体内を潤す」事にあります。「脾」で生成された「津液」
は「三焦=さんしょう」の経路を得て全身へ運ばれ利用され
「腎」に送られ「清」と「濁」に分離され、「清」は再利用
され、不要な「濁」は膀胱に送られ「尿」により排泄される、
というのが「水=津液」の基本循環となります。
更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 公式サイト|古式マスターヨーガ・武当派太極内丹法
陰の氣を操る古式マスターヨーガと陽の氣を操る武当派太極内丹法を伝授する 呼吸法 気功 瞑想教室です。

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました