氣塾的に「老いるとは何か?」を研究する(「歳をとる事」は何も悪いことばかりではない!)6

歳を取ることは悪いことではない幸福
このブログは現在2300本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

今回は何かと「年寄り贔屓」な話しとなりますが、

 
《「歳を取る」という事は、何も「悪いことばかり」では
ない、ということを言いたいのです。》
 
確かに「若い頃」と比べれば、出来る事は減ります。早く
 
走る事は出来ませんし、細かい事も出来難くなります。
 
《でも、根本的に「若い人」が分かっていない事実として、
限られ、残された「出来る事」をするのが、本当に「楽しく」
「喜べる」ようになるのです。》
 
これは「氣」「精神面」が大きく作用しています。
 
《よく「お年寄り」が「子供に戻る」と言います。》これ、
 
具体的にイメージしてください。小さな子供は「純粋無垢」
 
ですから「気脈に詰まりは無く」「氣」も旺盛に流れていま
 
すから、それに合わせて「感情は大きく動きます」。大いに
 
「喜んで」大いに「泣いたり」「怒ったり」します。やがて、
 
大人になるに連れて、「エゴ」により「気脈は詰まり」「氣」
 
の流れが「少なく」なりますから、それに合わせて「感情」
 
もあまり「動かさない」様にもなります。でも充分に「歳を
 
取る」と「肉体が弱る」事に合わせて「精神も弱り」、人は
 
性格的に「丸くなる」のです。そうするとまた「気脈の詰ま
 
りは無くなり」元の様に「大きく感情を動かせる」ように
 
なります。ちょっとした心使いだけでも「お年寄り」が
 
「喜んだり、泣いたり」してくれるのは、「小さな子供の頃」
 
と「同等」に「感情が動かされる」為に、そうなるのです。
 
「歳を取る」と「若い頃」と比べれば「出来る事」は当然
 
少なくなる訳ですが、でも、その「残された出来る事」自体
 
が「楽しく」「ありがたく」思うと仰います。うちの祖母も
 
そうでしたが、「特養ホーム」で、我々から見れば「歳を取
 
って」から「お絵描き」や「簡単ゲーム」「レクレーション」
 
をしても、果たして「楽しいのかな?」と思っていましたが、
 
やはり「当人」や周りの人に聞いても、本当に楽しいと仰い
 
ます。ですから本当に「心身共に子供に戻れた」と言う事な
 
のだと思います。
 
「氣塾」の弟子の一人が普段は「特養ホーム」で仕事をして
 
いますが、やはり、そこでの「お爺ちゃん、お婆ちゃん」に
 
しても「不思議な発言」をするそうです。昨日「先祖が枕元
 
に来た」とか「○○さんは近々あっちに行く」とか、最初は
 
「たわ言」として聞いてたのですが、その中には「知るはず
 
の無い」別の部屋の物事とか「行けるはずの無い」遠くの
 
物事を「何故か知ってる方々」が結構沢山おられると言って
 
います。つまり「心身、魂」も含めて、日頃自由に身体から
 
「出入りしたり」しながら「この世」から「フェードアウト」
 
して行っている「お年寄りの実態」が伺えると言う事です。
 
これからも「お年寄り研究」は続けて行きたいと思っています。
 
 
 
更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 公式サイト|古式マスターヨーガ・武当派太極内丹法
陰の氣を操る古式マスターヨーガと陽の氣を操る武当派太極内丹法を伝授する 呼吸法 気功 瞑想教室です。

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました