《「精神世界」の不可思議さ7「1800年代の芸術家3」》

このブログは現在2600本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

1800年代後半に活躍した「芸術家」には、後の「名声」

とは「真逆」の「貧困と絶望」がありました。それにも

関わらず、この時代の「芸術家」には「炎」の様な

「探究心」が持たらす「精神力」の「凄まじさ」。

個々の「自然哲学」が持たらす「夢見」や「禅定」の

能力が多分に有ったように思えます。それは私の様な

「絵」を見る事には素人でも、彼らの残した「言葉」の

端々に《「真剣」に人生を掛けて臨んだ者だけが

「知りうる」「悟り」や「気付き」の「言葉」たち》が

残されているからです。そして、時に「凄まじい」迄に

研ぎ澄まされた「精神力」は、人の能力を「極限」まで、

「狂気」と共に引き出します。

今回の最後は、やはりオランダ人の天才画家である

「フィンセント・ファン・ゴッホ」。ポスト印象派を代表

する世界でも最も有名な画家である彼は、27歳から自殺を

する37歳までの僅か「10年間」で、油絵約860点、水彩画

約150点、素描約1030点、版画約10点を残し、手紙に

描き込んだスケッチ約130点も合わせると「2100以上」の

絵を残しています。これは単純換算でも「2日に一枚」を

完成させる程の「驚異的な集中力」を、その「狂気」にも

近い中に発生させ、まさに「炎」のように燃え尽きるまで、

ただひたすらに絵を描いた人生でした。その全てを支えた

のは、弟の画商である「テオドルス=テオ」でしたが、

生前に売れた絵はたった1枚「赤い葡萄畑」だったと

言われています。

「ゴッホ」の有名な作品の多くは最後の「2年間」つまり

「アルル時代以降」1888年に制作された作品群です。

いわゆる憧れの「ゴーギャン」との「共同生活」。この

「黄色い家」を「ゴーギャン」が到着する迄に「自信作」

で迎える為に4点の「ひまわり」、「夜のカフェ」を3晩の

徹夜で制作しています。後にこの「共同生活」も仲違いする

事になり、いわゆる「耳切り事件」に発展することになり

ます。その後も精神病院への入退院を繰り返し1890年、

自殺に至るのですが、前出の「ベルナール」の証言では、

「ゴーギャン」の「ゴッホ」に関する個人的な回想では、

「全くどう考えても、フィンセントは既に気が狂っていた。」

と書いています。

その後の「ゴッホ評」としては、兄の後を追うように病死

した「テオ」の妻や周辺の人々によって「狂気」の中で制作

された、彼の芸術的な特異性が定着することになります。

しかし、やはり今持って「謎」なのが「狂気」の中にあっての

「異常」な程の「集中力」です。「狂気」だからこそ出来た

のではないか?と言えばそこ迄ですが、後の「名声」を含めた

「使命感」無しに、ここ迄の制作が「可能なのでしょうか?」

彼を生涯掛けて支えた「テオ」も含めて、そこにはある種の

「達観」と「予知」があった筈では?と、私には思えます。

更に続けてまいりましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました