「死生観/今回の人生、このままで良いのか?」(信仰の差)4

このブログは現在2700本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

「死生学=サナトロジー」に関しての反響が大きかった

ので、ここからは、少し「解説」を加えておきましょう。

人の「死生観」とは、その「国」と「人々」の持つ「信仰」

によって決定付けられます。そもそも「信仰」とは、

本来は「共通」している筈の「神様」の創った「この世」

と「あの世」が「どの様なものなのか?」を語るものです。

何故なら「信仰」の「第一義」として《「死」への「恐怖」

に対する「救済」》があり、死んでも「これ」がある!

という「世界観」を必要としているからです。

「信仰」というものは、人の「歴史」そのもので、当然

「太古」から存在していましたが、どの「国」においても

「通過点」とも言える「国家統一」の為の「戦乱の世」の

中で「爆発的」に広まりを見せています。人の「命」が

大量に日常的に失われる中で、残された人々の「死」に

対する「救済」が必須となりますし、また同時に、人は

「死」を考えることで、なら「どの様に、生きるのか?」を

考えることが出来る、という「副産物的効能」も生まれる

からです。そうして「信仰」は、その「死生観」と共に、

「人」の「文化」を今日まで創り上げてきました。我々の

使用する「ヨーガ」や「練功法」にしても、本来は「信仰」

と「表裏一体」なのです。

「信仰」における「死生観」とは、特に「この世」での

「現世」をどう捉えるか?によっても大きく変わります。

それは、例えば「この世」を「苦」や「修行」と捉えれば

「楽」、楽しい「あの世」を用意する「必要」があり、

「この世」での「生」が「楽しい、エンジョイ」すべき

ものならば「あの世」は「審判」「裁き」の「場」と

捉える様にです。まあ、実際には、そんな「安直」な

筈はないのですが、「信仰」に「分かりやすさ」や

「明確さ」は「必須」だと言えるでしょう。何故なら、

「大衆」の「支持」を受けてこその「信仰」だからです。

では、様々な「信仰」での「死生観」を見ていきましょう。

更に、続いていきます!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました