再解説「悟り」のリアルな分析と具体策(白隠慧鶴の遺産)7

悟り
このブログは現在2800本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

《白隠慧鶴の遺産》

「江戸時代」の優れた「禅師」である「白隠禅師」は以

下のように説いています。

《大悟り3回、小悟り数知れず》これは、裏返すと

「数知れずの小悟りの中に、3回の大悟りあり」となり

ます。「常日頃」の「何となく分かっている」または

「気付き」への「探求」から得れる「小悟り」無くして

「大悟り」は無い!ということです。

全ては「バランス」一つです。「6番」と「7番」を

「連携」させて「ビジョン」や「感覚的」な「覚醒」を

得ながらも「この世とはなんぞ?」と「思考探求」を重

ねる必要があります。「禅」においては「思考探求」に

偏り勝ちになる「行者」は多いため、この「バランス」

を保つように数々の「教え」がありますが、「バランス」

が「崩れる」と、かえって「迷い、不安」が生じるから

です。何故なら、本来「悟れる」物事の大半は

《「体感」「実体験」が「可能」》なのです。

「体感」なり「実体験」というのは、何事にも代え難い

「事実」です。誰に何て言われようが「他の人」には

「否定」出来ませんし、同時に「こうなのだ!」という

「確信」を生みます。これが何より「大切」なのです。

「思考」だけで「完結」していると、物事「実証」して

いないので「分かった様な気に」なるだけで、

「頭でっかち」になりはしても「確証」は持てません。

やはり「実践」とは「ズレ」が生じている為に「問答」

を詰められると最終的には「破綻」してしまいますし、

何よりも本人に「確証」「実証」が無いのですから、

「いざ!」その知識を生かさないといけない「とっさ」

の場面で生きるのは「実践」からくる「経験」だけな

のです。つま「豆知識」ではありません。

「経験」が無いと、いつまでも「迷い」は解けません。

この「バランスの必要性」を「禅宗」は説いています。

もちろん「知性」無くして「悟り」は有りませんが、

「実践」「実証」無くして「経験」と「精神」は育ち

ません。 「大悟り3回、小悟り数知れず」

もう少しこの「先達」の言葉を

「検証」いたしましょう。

いかがでしょうか?あらゆる「真理」は全て「体験

による検証」が可能なのです。積み重ねた「知識だけ」

で平たく、厚みも無く、何処までも「らしいよ?」に

しか過ぎません。体験により検証した事実だけが

「○○だった!」であり、それは現実の体験ですから

誰にも疑う余地を与えない「真理」であり、それは

「神様」でさえ認めざるを得ないものだと言えます。

この「検証」を持つか持たないかにより、人の格は大

きく変わると言えるのです。

《さあ「チャクラ」のスイッチを入れましょう!!
「氣塾」では「2番チャクラ=丹田」から順に各チャクラを「稼働」させ「覚醒」させる事が「遠隔、対面」どちらの方法でも「最短時間で可能」になっています。また「遠隔レッスン」により各種「呼吸法」も「マスター」して頂けます。》

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました