「時間」こそ最強の力(成長が止まったり、精神が病むと途端にブログは止まる)4

時間
このブログは現在2700本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

《私は「○○を始めましたー!」とご報告頂いた「生徒さん」には、合わせて「ブログも始めたらいかがですか?」とアドバイスしています。》
「ブログ」の何が良いのか?と言いますと「ブログ」
は今の自分の状態を知るのに「良いツール」だから
です。「ブログ」はあなたの「心のバロメーター」
そのものだと言えます。
《これ、外から見ていれば、明確にその人の「成長や停滞が分かる」のが「ブログ」でもあるのです。》
もしもあなたが何かを始めたとして、どんどん新し
いことに「気付いて」なら「こうしてみたらどうだ
ろう?」と進歩して行けばブログに「書ける物事、
ネタ」には困ることはありません。またその文面
にしても「精神面」において健康が保てれば当然
明るい文面になるでしょうから、読む人にも安心
を与えます。またその逆にその人が「伸び悩んだ
り」「進歩、成長」において停滞したら、途端に
書ける「物事、ネタ」に詰まりますから、なかな
か書けなくなり、更新できなくなります。また、
《その人が「ストレス超過」や「困難」により、「精神」が「病んできた」場合も、途端に何かを書ける「気力」が失せてしまいますから、その時点で更新することが不可能になります。》
《つまり「ブログ」とは自身の「研究の成果」を他の人達に読んで頂く「発信手段」ではありますが、同時に「自身の成績表」だとも言えるのです》
当然自身の記憶力なんて知れています。「研究者」
は必ず自身の「研究成果」を残す「研究ノート」を
作りますが、まあ、それと同じだと考えれば良いの
です。「仕事、修行、研究」何でもそうですが「道」
を「極めて行こう」とする者なら当然の事ですが、
「出来る人、出来ない人」の差とは、そんな「姿勢」
全てに「現れてくる」ものだと言えます。
《元を正せば、そういうところでさえ「中途半端で曖昧」にしているから、あなた方は「数年レベル」てさえ「続けること」が出来ないのです。全てが「中途半端」で何ちゃってなのですよ。》
長年「ネット社会」を見ていますが、一瞬「輝いたり」
「光ったり」センスが今「乗っている人」はどの業界
にも散見できるのですが、それを「維持」して長らく
「続けられる人」は殆どいません。つまり、誰でも
「一瞬は輝けるのです!」でもそこから「維持」をし
て行くとなると「強い足腰、確たる基礎理論」が必要
になるのです。皆さんもそこに気が付いて欲しいと思
います。「人の道を舐めないことです」「人の道とは
十年単位で捧げてなんぼ」だと言うことなのです。
《正しい「この世の基礎理論」は「氣塾」で学んで頂けます。》

《このご時世です。正しい「呼吸法」を身に付ける事により「免疫力」を上げていきましょう!!「氣塾」においては「遠隔レッスン」にて、各種「呼吸法」を「マスター」して頂けます。》

では、新たなテーマに移りましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました