再解説、全てを悟る「トンレン」の秘密(太極門、推手)1

トンレン
このブログは現在3000本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

《全てを悟る「トンレン」の秘密》

《太極門、推手》

新シリーズに移りましょう!

「力」は「器」を作り、「器」は「精神」を育てます。

「力」すなわち「気力」だけを求めていると「限界」が

来ます。全ては「バランス」が肝心、「気力」だけあっ

ても「丹力」すなわち「根性」が無いと何も出来ません。

「内丹太極門」での「練功哲学」は「推手=すいしゅ」

のようでないといけないと言われます。

「推手」は「太極門」における「基本套路」です。

相対した二人が「塔手勢=互いの手の甲を合わせた体勢」

をとり、お互いの腕を触れ合わながら「前後」に「船を

こぐ」ような動作を取ります。これにより相手の「氣」の

流れ、動作の「虚実=フェイント」を感じ取り「聴勁」を

磨く「套路」です。これはマスターヨーガにおいての

「トンレン行法」と同じく「相手」を含めて「世の全て」

を知る「力」を磨くための、大きな基礎にもなります。

ですから昔から「推手」と「套路」は車の両輪と言われ、

終わりは無く「太極」を理解するのに「推手」は「必須」

なのだと言われます。また「古式マスターヨーガ」を理

解するのに「トンレン」が「不可欠」なのもこれと同じ

ことなのです。

《何故なのでしょう?》

「推手」や「トンレン」は、自分が相手に「力を入れる」

だけでは無く、同時に相手から「情報」を受け取ります。

この「情報」の中に「人とは?」に関する「全て」が入

っているのです。これにより「人を知り」「人を通して

自分を知る」のです。

自分の「精神とレベル」置かれてる「状況」を正確に知

らないと何に対しても挑めない。このことは「武術」に

限らず「世に「生きる」ことに共通することです。

闇雲に「力」だけを追い求めて「修行」をしていると、

このことは「理解」出来ません。「武術」の世界も相手

を「理解」しないと「勝つ」ことが出来ません。

結局「古式マスターヨーガ」も「武当派太極拳」もあら

ゆる物事を知りながら「強くなる」と言う「修行過程」

は「共通」しているのです。

あらゆる事を「並行」して「学ぶ」ことの「必要性」

次は「マスターヨーガ」を通して検証してみましょう!

いかがでしょうか?全ては「自己をコントロールする」

そこから始まります。自己を制御できない者が他人や

現象をコントロールする事なんて不可能です。その為に

はまず「己を知る」この事から始まります。己を知りな

がら「他人を知り」また他人を知る事により、それと比

較して、また己を知る。そこに「強みや弱み」を見出し、

強みは磨き、弱みは何かで補完する、そういう事です。

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました