再解説「内なる声」「後ろの声」「天の声」聞いてる?(内、後ろ、天から、どれでも良い)2

実践
このブログは現在2800本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

《内、後ろ、天から、どれでも良い》

「人の後悔」の最たるものは「やらなかった事」への

「後悔」です。「これをやっておけば良かった」とか

「もっと、こう生きていれば良かった」ということ

です。その次は《「結果」を知らずに「終えた物事」》

これに対しても、大きな「後悔」が残ります。

《それは、結果が「成功」か「失敗」かも「知らずに」

その結果を見ずに「逃げて」しまった行為なのです。》

《それは「あなたの人生」という「冒険小説」を終わり

まで「読み切らず」、本を最後に「閉じていない」行為

と同じことになります。》

本当は、そのまま続けていれば「ハッピーエンド」だっ

たのかも知れませんし「大失敗」に終わって「ありゃー」

となったのかも知れません。

《ケリを付けないという行為は、そういう事になります》

「気持ち悪いですよね?」それ自体が「後味の悪い事」

だと思います。それか「失敗」だとしても「数年経てば」

全てが「笑い話」になるのに、勿体ないことですよね。

この様な「質問」を「弟子」から頂きました。

「お疲れ様です、教えてください。」

《頭の中で考えている事と全く関係ない「言葉」が浮か

ぶと言いますか、聞こえると言いますか、そういうこと

があります。何の関連性もないし、私が考えた事では無

いような、違う人が話している感覚なのですが、

これって何でしょう?》

これ、分かる人には分かる物事ではあります。

長らく「気力」を「蓄える」、「各チャクラ」を使用出

来る様にする、という「修行」を重ねた人には、度々

「経験」する事ではありますが、決して「特殊」な事で

はないと思います。私は絶えず「コレ」を頼りにしてい

ますが、この「時点」においては、自らの「内なる声」

なのか「後ろに付いている背後からの声」なのか、それ

こそ「天からの声」なのかも知れませんが 、

《その「本質」においては「何処からの声」であっても

そんな事「良いじゃないですか?」と私は思うのです》

だって、そうでしょ?

いかがでしょうか?《人の後悔とは、その結末を知らず

に終わる事》だと言えます。ならば、その「後悔」とは

どうなるのか?と言えば「来世でやりなさい!」という

事になります。この世での後悔はあの世に持ち越され、

次の世での「目的になる」という訳です。その「目的」

を達成する為に「輪廻転生」が有るのですから、思いを

残す事は「我が残る」のですから、同時になかなか解脱

は遠いという事になります。修行が足りないのですよ。

《さあ「チャクラ」のスイッチを入れましょう!!
「氣塾」では「2番チャクラ=丹田」から順に各チャクラを「稼働」させ「覚醒」させる事が「遠隔、対面」どちらの方法でも「最短時間で可能」になっています。また「遠隔レッスン」により各種「呼吸法」も「マスター」して頂けます。》

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました