5月25日知恵哲学講義「改めて今、六師外道」(カッチャーヤナとケーサカンバリン)7

このブログは現在2300本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

《パグダ・カッチャーヤナ》

「アージーヴィカ派」の三人目となります。彼は

「釈迦」が在世中に活躍した「出家修行者」であり、

「自由思想家」の一人です。彼も同じく「唯物論者」

ですが「唯物論者」の先駆けでもあります。

「アジタ・ケーサカンバリン」の「四大要素説=地、

水、火、風」に「三要素」である「苦、楽、命」を

加えた「七要素説」を唱えました。これは「四要素」

で構成される「全物資」の中でも、「有機生命体」の

持つ「苦楽」の「感情」と「生命」、更には「唯物論」

だけでは「説明困難」な「無機物」にも「宿る」人の

「思い」をも考慮に入れた「思想」となっています。

ただし、それらの「関係性」においては、互いに何の

「影響」を「与えたり、受けたり」するものではなく、

それにより「永続性」は「担保」される。という考えで、

この、互いに「影響」の無い「実体論的」な「関係性」

から、よって《人の「霊魂」をも「実体」である。》

として、「霊魂」の「永続性」を「実体」として認めて

います。

「アージーヴィカ派」の三人、「プーラナ・カッサパ」

「マッカリ・ゴーサーラ」「パクダ・カッチャーヤナ」

は共に「道徳否定、破壊論者」とされますが、それは

「稚拙」で彼らの「哲学」を慎重に読み解くと、

インドに「都市国家」が成立していき、あらゆる信仰

が模索される中、人々がそれに「熱狂的」になり、

《自らを「信仰」において縛る「宗教至上主義」》

が大勢を占める中で、

《人が本来、自由に在れば、更に持てるであろう
「可能性」と「喜び」を全て含めてこそ「人なのだ」》

と言う、主張が聞こえてくる様に、感じることが出来る

のです。

《アジタ・ケーサカンバリン》

彼は「唯物論者」である「パクダ・カッチャーヤナ」に

大きな影響を与えました。「順世派=ローカーヤタ」の

祖と言われています。「順世派」とは、人間は「地、水

火、風」の四元素から成り、あらゆる物質は死滅により

「一切はただの物質に帰る」という「四元素還元説」に

至ります。故に人間は死ぬと「空無」となり「霊魂」も

何も残らず、「来世」もなく、善悪の報いもなくよって

「宗教」「道徳」戻る不要であり、現世の「快楽、享楽」

のみが真実である、としました。彼の場合は、死ねば

「賢者」も「愚者」も同じ様に「消滅」して「魂」も何も

残らないのですから、「宗教的行為」の無意味をも説いて

いますので「無神論的」な立場になります。

《つまりは、それ程に「現世」での「生」とは「至上」で
あり、この「思想」はやがて「現世」の「生」を最大限に
「利用」して、そこから「楽しみ」「幸福」になろう!
という「快楽至上主義」へと発展するのです。》

しかし彼は同時に「幸福」や「楽しみ」に「付随」するもの

である、「別れ」等の「悲しみ」に付いてもそれを「恐れず」

覚悟すべきで、次に訪れる「幸福」の為には、喜んで受け

入れるべきだ、とも説いています。ですが当然「宗教至上

主義」であった、当時のインドにおいては、宗教や道徳の

根本を破壊する「危険思想」であると、他の「インド思想

諸派」から、かなりの攻撃をされました。しかし、一見

「極論」に見える「ケーサカンバリン」の「思想」ですが、

「俯瞰」した目線を養えば、その「真意」が見えてくる

ものです。それは《当時の人の持つ常識否定論》なのです。

《つまり「普通の人達」が持つ「常識」とは「社会」の中の
「一員」としての「秩序」と「不破」等の「揉め事」を起こ
さない為には「役に立つ」のですが、同時にそれは「人の
人生」が「一度きり」とした時に、その人の本来「持つべき、
可能性」を「著しく、阻害」しているものでもあります。》

《「本来持つべき、可能性」という「視点」を基に考えた時、
「信仰」に付随する「戒律」、「因果応報」「自業自得」等の
「思想」、「共同体倫理」としての「常識」、これらの全てが
「可能性」に対しての「足枷」になっているのは「真理」です》

《今に名を残した「偉人」は全て「常識」を覆し、「革新」
を成したからこその「名声」が在るのですから、考え様に
よっては、人の持つ「常識」とは、非常に「恐れるべき」
ものであり、かなりの「足枷」でもある、と言えるのでは
ないでしょうか?》

よってこれも「真理」の一つの「側面」となります。

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 公式サイト|古式マスターヨーガ・武当派太極内丹法
陰の氣を操る古式マスターヨーガと陽の氣を操る武当派太極内丹法を伝授する 呼吸法 気功 瞑想教室です。

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました