内丹法を話そう、正しい気功とは?(太極での瞑想「存思=そんし」の秘訣)7

内丹法
このブログは現在2700本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

さて、最後は「気功」「内丹法」「武術」においても最終的
には「最も重要」になる「存思=そんし=ツンスー」に着い
てです。
《「存思」とは「道教」特有の「瞑想法」です。「仏教」での「禅」や「インド・ヨーガ」での「瞑想」の様に「無念無想」を「第一目的」とする「瞑想法」とは異なります。》
「存思」ですから、そこに「思い」が「存在する」という事
です。そことは「体内の特定部位」のことで、つまりは
《「体内の特定部位」を「観想」する「意識して観察する」ことにより「特定部位に氣を集中」させたり、「神」主に 「陽神」を「意図的に制御する技術」のことを指しています》
「氣」というものは平生においては、身体の「足りない所」
に集まる「補完」の性質を持ちます。その一方で例えば体内
の「特定部位」を「意図的に意識」したり、その「体感感覚」
に「集中」すると「吐く息=吐気」と共に、その部位に移動
するのです。我々は「技術的」にこれの「練習」をしますが
《全ては「単純な意識集中」だけではなく「呼吸」に「連動」させた「コントロール」を体得する必要があるのです。》
《更には、「氣」と「意識集中」と「呼吸」これらに加えて「身体の動作」つまり「動功」を「連動」させることを「主体」とするのが「太極武術」となります。》
街や動画で見る「太極拳」の「9割9分」は「太極の動作」
だけに留まっているものが殆どです。基本的にこれら全てが
連動していなければ「太極」とは言えず、真似事としか言え
ません。その「練度」の度合いは「震脚」の時の「呼吸」と
「発勁」の度合いで計り知ることが可能になるのです。
道教の聖地「武当山」で行われている「古式太極拳」におい
ては「存思」をマスターする「存思套路」が有ります。
《「氣」とは「あなた」の「心、精神」でもあるのですから、自らの「心と精神」でもって「制御、コントロール」されなければいけません。》
「気功」において、最も大切なのはその部分です。そして、
コントロールし易くする為に「氣を強く、大量」にする訳
です。ですから一番最初に「目指すべき」は「呼吸法」に
より「氣」を「大量」に蓄えて「足りない」という状態か
ら脱却すること、その次は、その「大量に蓄えた氣」を
「放置」しているのではなく「自己の意識」でもって意の
ままに「手懐ける」こと。そして、そこから「練功」を
重ねることにより「気質を濃く」「良質」なものにする
こと、これらのテーマを確実にしていくことにより、
「円満な練功」は可能になるということなのです。
これらの「秘術」に挑みたい方、知りたい方は躊躇せず
「氣塾」にご参加くださいませ。

《このご時世です。正しい「呼吸法」を身に付ける事により「免疫力」を上げていきましょう!!「氣塾」においては「遠隔レッスン」にて、各種「呼吸法」を「マスター」して頂けます。》

では、新たな「テーマ」に移りましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました