再解説、トンレンの術の進化、中級編(氣の調律)6

トンレン
このブログは現在2800本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

《氣の調律》

「トンレン」というものは、チベット仏教においては 、

「菩薩心」を養う為の「瞑想法」とされ、修行者の

「ロジョン=心の行」の一部です。「古式マスターヨーガ」

においては、その持てる「絶対的」な「気力」を利用して

「修行者の為の行」から更に洗練を重ね、より具体的で実

践的な「行法」として、その「技術」を使用しています。

それは、単に「他の人」の「ありのまま」を理解するに止

まらず、そこから「自然」自体を理解する。更には相手の

「足りない」部分を「調律」していく「施術法」をも含む、

まさに「黄帝内経」でも言われる処の「祝由=しゅくゆ」

と同じ「技術」なのです。

具体的な一例を書きますと、ある出来事をきっかけに

「パニック障害」に陥った普通の人とは元々「気の弱い人」

よりも更に「弱って」いる事が多々あります。他の大人の

人達と同様に、その「気脈が詰まっている」事を前提に、

その場合も、いくつかの場所に「気の滞り」を作っていま

すから「氣の圧力」を掛けて、まず「気脈の流れ」を確保

いたします。

「気脈の流れ」が確保されると、修行者でもない限り「特

定の場所」に「氣」を「集中」する事が出来なくなります

から、徐々に「頭痛、腹痛」を含めた「パニック障害」特

有の「症状」が「起こせなく」なっていきます。そして一

つ大切なのは、その様な人は「精神的に弱っている」場合

がほとんどですので、圧倒的に「足りなく」なっている

「やる気」「自信」の元となる「陽の氣」を少量ずつ毎回

増やしながら「移植」していきます。「陽の氣」はその人

の体内で「膨らみ」ながら「馴染んで」いき、3ヶ月から

半年の間である日を境目に「障害」が無くなり、平気にな

ります。「パニック障害」であった事を忘れたかのように 

です。この場合でも、ご自身での「呼吸法」の練習は続け

て頂きます。そうすると「氣」の「自家発電」が可能にな

っていきますので「氣」の「目減り」による「精神的な落

ち込み」も防げますし「楽観的」に「楽」に日常を過ごし

て頂けるようになってしいくのです。

「氣」の「調律」とは、そのように行います。

それが「トンレン」であり「祝由=しゅくゆ」です。

いかがでしょうか?「陽の氣」とは「お湯」です。熱湯で

もあります。だから他の物を「煮る」つまり「変化させる」

ことが可能になるのです。氣の不足は「氣虚」氣の滞りは

「氣滞」それらが長く続くから、人の精神、肉体は病むの

です。だから先ず、氣とは力でエネルギーなのですから、

大いに補給して頂ければ良い訳です。ただし、そこに自分

の個性は要りませんし、目論見も必要ありません。

《何も考えずに、ただ単に「分け与える」そして「循環」

を作れば良いのです。》

そうすれば、徐々に改善されていくもので、それが「祝由」

というものです。

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました