「この世」の価値観とは異なる「あの世」の価値観(バガヴァッド・ギータ「戦いの放棄」)6

あの世/この世
このブログは現在3000本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

《「この世」と「あの世」の「価値観」というものは全く異なるものです。》
特に、何かと安易に「白黒善悪」を二つに分けようと
する「日本人」の「この世の価値観」は未だ「稚拙」
と言うことが出来と思います。
そこで学ぶべきは、「紀元前5世紀頃」に書かれた
「古代インド叙事詩」「マハーバーラタ」の第六巻
「バガヴァッド・ギータ(神の詩)」に有名な《戦い
の放棄》の一節が有ります。ここで、主人公である
「王子アルジュナ」は彼の導き手であり「御者」を務
める「ヴィシュヌ神の化身」である「クリシュナ」に
導きを求めます。何故なら彼は「王子」であり戦いの
先頭に立つべき立場ではありますが、その戦わなけれ
ばいけない相手とは《本来は守るべきである、自分の
実の家族や友人なのです。》当然、心優しい「アルジ
ュナ」は「誰も殺したくはない」訳です。そこで「ク
リシュナ」に《戦いの放棄》の相談をし導きを求めま
した。そこでの「クリシュナ」の答えとは、意外にも
《戦いに専念しなさい!》でした、当然アルジュナは
驚きます。それは誰もがそうでしょう。もちろん、
「クリシュナ」は「人殺し」を「良し、肯定」してい
る訳ではありません。もっと俯瞰して見れば分かる通
り「問題」となるのは「アルジュナ」の「立ち位置、
立場」にあります。
《彼は「王子」ですから、守るべき「人民、民衆」が有ります、それを「一個人の心情」により「戦いを放棄」して負ければ、その「人民、民衆」はどうなるのか?という事です。沢山の人達がその後苦しむ事は必至だと言えます。》
更に「アルジュナ」が「恐れた」のは、その戦いによ
る万一の「敗退」した場合の「結果」です。これも当
事者としての「リスク」として当然の事だと言えます。
そこで「クリシュナ」は「ギャーナ」を解きます。
《「王族、士族」に生まれた「アルジュナ」にとって、未だ「統一」されていない「戦国時代」での戦いとは、「どの国においても行われてきた」ものであり「アルジュナ」に与えられた、行うべき「義務、責務」だと言えます。その「戦いの成否」は本来の持つ「国力」によって成される「必然的」なものとも言える訳で、「敗退、勝利の結末」に関しては「必然的」な「同一のもの」と見るべきだ、ということです。》
《「生あるものにとっての死は必然」であるのと同様に、その結果は「起こるべくして起こるもの」決して「嘆くべきこと」ではないこと、だと解きます。》
ここで、更に大切になるのは、人は生きていれば必ず
「行為」を行いますが、その「行為」こそ「カルマ」
となりますが、
《そこで皆さんが「見過ごして」いてはいけないのは「カルマ=行為」に対しての「アカルマン=無行為」の問題なのです。》
「行為=カルマ」には「良し悪し」が有るのと同様に
「無行為=アカルマン」にも「良し悪し」が有ります。
それは例えば「見て見ぬふり」がそうです。本来、
「行為」の束縛から逃れる為には「アカルマン=無行
為」の概念を理解する必要がありますが、例えば、
《「将棋や囲碁、スポーツ」において「強くなる」ということは、どんどん「人を負かす事」だと言えます。そこに「個人の心情」を挟んで「手加減を加えるか?」「手加減」は良いのか?の問題が出てきます。また「裁判」において「被告」を「弁護」する「弁護士」は「被告の利益」を守るために「被害者の過失」を追い詰める訳ですが、それは「正義」なのか?つまり、「知って知らぬふり」も一つの「罪」を孕みます。》
物事の「真実と真理」はそれ程に「安直」ではなく、
複雑なものです。「アルジュナ」は人としての「善悪」
に葛藤するのですが、
《「聖者クリシュナ」は「なるべくしてなるものは天の意思」であり、それは「善悪」を超えたものである、という「発想」において「アルジュナ」を導きました》
つまり「自己の欲望や心情」の為に行動しない事によ
り、自身を「苦しめるもの」から「解放」されるとい
う事です。「ギータ」は「この世の単純な善悪観」を
超えた、あらゆる「宗教」「あの世の価値観」に通じ
る「神の詩」だと言えるのです。

《さあ「チャクラ」のスイッチを入れましょう!!「氣塾」では「2番チャクラ=丹田」から順に各チャクラを「稼働」させ「覚醒」させる事が「遠隔、対面」どちらの方法でも「最短時間で可能」になっています。また「遠隔レッスン」により各種「呼吸法」も「マスター」して頂けます。》

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました