江戸時代末期に被る今の日本の様相(昭和の雇用神話が崩壊していく)4

世の中
このブログは現在2700本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

最早「世代交代」のスピードは加速する一方で緩まる
事を許しません。仮に今年、この「コロナ禍」が鎮静
したとしても、散々「内部留保」や「資産」を溶かし
続けた「企業」は「債務超過」に陥いる所が沢山出て
きます。それは体力的にも「利益」では補填不可能な
レベルとなります。社員に安定を供給する事が魅力の
《「企業」からその安定が無くなり「大量解雇」が起きてきた時、人々はどう変わって行く事になるのか?》

人々の「仕事」に対しての「考え方」は今後「大きく

変わらざるを得なく」なるのです。

《それは「雇われる」事からの脱却です。》

これは「リモートワーク」「週休3日制」「副業の促

進」更に「終身雇用と年功序列」も失ってしまった

「企業」には最早《社員に対しての「拘束する力」》

が無くなってしまったからだと言えます。この世の中

の大半の人達が、何故「雇われる」事に納得している

のか?と言えば、それは「給料に対する保証」「雇用

に対する安定」以外の何物でもありません。その「安

定と保証」がこの「コロナ禍」により「うちの会社も

いつ何時どうなるか分からない」となれば、信頼も大

きく失われる事になり、当然「組織」の中に属してい

ても先行きに対して「不安だらけ」となります。《ここから先の「選択」により、人々の「人生」は別
れて行く事になります。》
ここまでの説明の通り、コロナ禍をきっかけに、今大
きく時代が変わり、人の「仕事の在り方」も変わろう

としている時に、
《これまで、あなたが「当たり前」として、受け入れ 出来た「雇われる」という事に対して「疑問」を持てるか、持てないか、が問われようとしているのです。》
「雇われる」という事に「不安」が蔓延して行く中で
どうすれば、その「不安」が「解消」されるでしょう
か?つまり、これから「人々はどの様な選択」でもっ
て「雇用不安」に対して戦う事になるのでしょうか?
《その「答え」とは一つになります。それは自分の力で「稼ぐこと」です。自分で「稼ぐ力」を養うことによってのみ、その「不安」は解消する事が可能になり ます。》
《つまり、誰もが「もっと気楽に」それぞれの「特技や「アイディア」を活かして、「小口の商売」をやり始める事が、これからは「当たり前」のトレンドとなって行く事になります。》
これは既に始まっていますし、日本の「雇用神話」が
崩壊するのですから「当然の現象」だとも言えます。
つまり、この現代は私が前の「テーマ」で言及した通
り「幕府の力」が崩壊していき「明治維新」を迎える
前の「江戸時代後期」の様相を呈している、と言える
のではないでしょうか?

《さあ「チャクラ」のスイッチを入れましょう!!「氣塾」では「2番チャクラ=丹田」から順に各チャクラを「稼働」させ「覚醒」させる事が「遠隔、対面」どちらの方法でも「最短時間で可能」になっています。また「遠隔レッスン」により各種「呼吸法」も「マスター」して頂けます。》

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました