7割弱の人が日頃「学ぶ習慣」を持たない事実(ただ読むではなく、深く「沈潜」しよう)7

このブログは現在2300本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

《7割弱の「社会人」が「学ぶ習慣」が無いという現実》

と言うことは全労働者の「約67%」もの人達が「格差の

下」もしくは「予備軍」だと言えるということです。

そして残りの「33%」の人達が「格差の上」もしくは

その「予備軍」となります。

《それでも「学ぶ習慣」を持つ「格差の上もしくは
予備軍」、それらの人達の実際は「現状の維持」と
「進化」の為に「学ぶ」という習慣を持っていますが
その「現実」は「知らないこと」に対しての大いなる
「恐怖」を引き金としている、ということなのです。》

もちろん、それらの人達の「学びの習慣」にしても

「恐怖」だけを「動力源」としている訳ではありません。

《「自己の発想の進化」の為に「学ぶ」ということを多用
しているのです。》

《「どういうことか?」と言いますと、その様な人達は
単純に「知識」を入れている訳ではありません。》

《基本的に、あらゆる「環境、条件」における「新たな
発想」の「選択」を「学び」、その「結果」の「可能性」
を「知識に求めている」と言うのが「正確」です。》

《例えば「読書」の「本質」とは「過去に学ぶ」という事
です。それは「過去の出来事に学び」、 その登場者でも
ある「過去の人格に触れて、学ぶ」という事でもあり
ます。》

「学ぶ人」とは、それがどの「業種、立ち位置」でも

関係無く「学ぼう」とします。それは「別人格の発想」

にこそ「次世代に活きるヒント」が隠されているから

です。それも「単純に読む」訳ではありませんし、

それでは「本当の知識」には至れません。どうするか?

《それは「疑似体験」なのですから、その様な「状況」
に置かれれば「自分なら」どういった「心境に陥り、
思うか?」そして「どう決断して」「どう行動するか?」
ただ、読むだけではなく「シミュレーション」を重ねて
深く深く「味わおう」とするのです。》

《これを「沈潜=ちんせん」と言います》

あらゆる「物事」を「平たく学ぶ」「へーー!」で

済ますのではなく、「自分に置き換え」「過去の人格

に触れて」「学び」「味わう」ことこそ「沈潜する」

ということです。

《それらが「史実」である時、それに「学ぶなか」
から「世の中の法則」となる「哲学」が生まれます。》

「哲学」とは「世の中の法則」なのですから、時代が

変わって現代であっても、そのまま「生きる」ものが

殆どだと言えます。それは「過去も現在も」同じ人に

より、この「世の中」が動いているから「通用する」

のです。

《「学ぶ者」はその過去からの「諸法則」を現実に
「使用、利用」しながら、大いに「現実化」を促進
させています。》

「活きる」からこそ「知識」ではなく「知恵」足り

得るということです。いいですか?まず「学ぶこと」

です。「学び」は「行ない」と共に有ります。

「忘れないで、くださいね。」

では、新たな「テーマ」に移りましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 公式サイト|古式マスターヨーガ・武当派太極内丹法
陰の氣を操る古式マスターヨーガと陽の氣を操る武当派太極内丹法を伝授する 呼吸法 気功 瞑想教室です。

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》
(氣塾、気脈の詰まり取り施術、対面個人¥12000、遠隔初回¥10000、2回目以降¥5000)

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました