本当に使える「氣」の正体(瞑想の正体1)

このブログは現在2300本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

https://kijuku.org/treatment/
https://kijuku.org/category/event/


・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥



遠隔氣塾申込

「瞑想」、「瞑想する事によって何が変わる?」「良い瞑想、

悪い瞑想ってありますか?」そもそも「瞑想って何?」、

色々聞かれます。「瞑想」をある程度突っ込んで定義しますと、

通常、人の「意識」とは常に対象を求めて移り続け、次々と新たな

何かを認識し、認識しながら思い続ける「雑念」の中にあります。

「瞑想」とは、この「雑念」の流れをせき止め、意識の集中により

自己の内面にある、一定の精神領域までもって行き、意識を内没

させる事により「空、無」の状態を作り、精神を安定化させる。

と言う所ら辺が一般的だと思います。でも、この「瞑想」思いのほか

概念として広い、広過ぎる。マスターヨーガと内丹法により純粋培養

され、よそ見する事無く「行」を重ねた私にとって、「座って、呼吸を

調えて、何も考え無い様にする…」と聞くと「何もして無いじゃん!」

「落ち着いてるだけじゃん!」と最初は思ってましたが、これも立派な

「瞑想」です、ただ ほんの「入り口」に過ぎませんがね、要するに

「瞑想」の初歩であり、入り口とは、ドラマでも良く有る、

お茶の間で「熱いお茶をすすり」「ホー」っとする、その時に目を

つむれば、それだけでも「瞑想」の入り口、「心の波を静める」事と

言えるのです。「簡単でしょ?」。

世界には何万もの「瞑想法」があります。宗教の数、国の数を

飛び越して存在しています。最も古い歴史を持つインドでは、一国

だけで一万以上存在し、最古の「アーユルヴェーダの瞑想法」は、

今から6000年前、7000年前とも言われています。紀元前

25世紀インダス文明のモヘンジョダロ遺跡には「座法」を組み

「瞑想」をする人物の「印章」や「置物」等が発見されています。

「アーユルヴェーダ」の中で発見された「瞑想」、そしてチャクラ

「プラーナ(気)」等の人に宿るシステムは、専門的に研究が進み

「ヨーガ」=馬にくびきをかける意、その様に自己の心身を制御する法

として洗練されていきます。「ヨーガ」の行法は「瞑想法」そのもの

であり、数千年かけて様々な形に分化しますが、その一つ一つは全く

異なるアプローチをとります。

伝統的なヨーガを大きく大別し、簡単に解説すると、

☆ハタ・ヨーガ
アーサナ(姿勢、ポーズ)を使用し、呼吸法、印(ムトラ)を持つ。
スポーツや様々な方面で取り入れられており、現代的でポピュラー
な行法、でも本来はもっと強力な呼吸法を持ち(失神寸前まで止息)
を伴ったりする。

☆ラージャ・ヨーガ
(王のヨーガ)とも言われ、神を感じる為のヨーガとも言われます。
アーサナ、呼吸法、だけで無く「八支則」と言う行動規範、道徳を
含むヨーガ哲学を持つ本格的なヨーガ行法、アシュターンガ・ヨーガ
とも呼ばれ、現代のパワー・ヨーガの元になったもの

☆パクティ・ヨーガ
神への愛と、グル、他の人への愛を対象にする、最も信仰的なヨーガ、
実在したと言われる「クリシュナ」が開祖とされ、悟りと解脱を
目指す。現代の新興宗教の下敷きとなったと言えるヨーガ行法。

☆ギャーナ・ヨーガ
洗練された理論的思考と分析を重ねる事により「思考循環」を
起こさせ、真我への探求と絶対的「真理」を探求するヨーガ、
「思考循環」はマスターヨーガでも重要な行であり「三宝」
の一つ「識神」を育てる為には必要不可欠です。

☆マントラ・ヨーガ
(ガヤトリー、マハー、ハレー・クシュリナ)等のマントラを使用
する「アクシュラ音」、音=振動により発動させる呪文ヨーガ。
師が弟子に渡す個別のパーソナル・マントラを鍵として持つ、
言わば仏教の開祖「仏陀」はこの行法により「開眼」し、
般若心経の最後の「ガーテー、ガーテー」に始まる一文は、
サンスクリットによる呪文そのものである。現在においても様々な
形で研究されており、数珠を使用するジャパ・ヨーガ等、多くの
派生を生み、今尚増えている。

☆クンダリニー・ヨーガ
ムラ・ダーラ(1番)に眠る、不活性なクンダリニーを呼吸法により
覚醒させ、身体の気脈とチャクラを活性化させ「氣」をコントロール
する事により、深い瞑想を発生させ「悟り」を目指す。大きな「氣」
を使用する為、熟達した、然るべき「師」に就いて実践しないと、
いけないヨーガで、古式マスターヨーガはこれの源流に位置しています。
この行法はチベット密教の「トゥンモ」、中国の仙術「内丹法」
など各国において独自の進化を果たし、日本においても密教と共に
伝来し「陰陽道」「修験道」として一時代を作りました。

どうですか?これら大別した伝統的ヨーガは、それぞれが全く違う

ベクトルから「悟り」の境地に向かって進む「行法」という事が

解ると思います。これらは5000年以上の時を掛けて、延べ数億の

先達により研究された高度な修行体系と数多くの「瞑想行法」を

持ち、「行」を支える支柱になる「哲学」を持っています。

その「ヨーガ哲学」もやがて仏教等の信仰の下敷きになります。

世界で数万存在する瞑想法の半分以上がインドの「アーユルヴェーダ」

の瞑想法を起点とした「ヨーガ」の技法を元にしたものです。

ここまで読んでこられれば、いやがおでも気付くと思います。

「大の大人」が何千年掛けて受け継いできたこれらの「瞑想法」が

一般の方がイメージし、街のヨガ教室でやっている、

「座って、呼吸を調えて、何も考え無い様にガンバルー!」

とは程遠いもので、その程度のレベルのものであれば、数千年も

守られ、受け継がれてはきません。そういう意味でまだまだ

ヨーガや瞑想法は誤解されています。

その真髄は皆さんの想像力の外に在り、体験した者にしか解りません

とは言え、入り口だとしても「瞑想」は「瞑想」です。

やら無いよりはやった方が100倍良いと言っておきます。

あなたが日常起きる物事に「翻弄されたくない」「ポジティブに生き

たい!」と思うのでしたら、モノマネでも良いからやるべきです。

一番簡単で今日からでも出来る「瞑想法」を書いておきます。

「座って、目をつむって、口で深く息を吸い、口でゆっくり息を

吐きます。吐く時に肩の力を抜き「はー」っと「ため息」をつく

時の様に「脱力」して下さい」、下半身、特に両足の側面が

「ジワーン」と仕出したら「気」が循環し始めた証拠です。

これは良く有る両手のひらで「気」を感じる方法より、数倍

の効果があります。10日もやれば、結構解りだすと思います。

直ぐ解った人、体全体で解った人は才能あるかも知れません!

「今直ぐに、私に連絡して来なさい!(笑)」

さて次回は、インド以外の「瞑想法」にも目を向けながらも、

「瞑想」に入るセンテンスから考察を深めます。

最後に宣伝、7月22日、古式マスターヨーガ「九州福岡大会」

7月22日 古式マスターヨーガ 福岡大会
福岡市中央区天神4丁目9-12 光ビル2階 会議室
http://www.hikari-building.com/access.html
時間:13時~17時を予定
参加費:¥16000
お申し込み、お問合せは「氣塾」公式サイト https://kijuku.org/

「本当に面白いから、迷ってないで、一回来てみんしゃい!」
?? ちょっと 違うか?

今回も長々とお疲れ様でした。

「氣塾」代表 木村丈彦


https://kijuku.org/


・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので
お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、
磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました