「誘導瞑想」とはどういうものなのか?(各個人により異なる変性意識の中の「ツボ」)3

このブログは現在2700本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

《「誘導瞑想」とは「古式マスターヨーガ」そして
「武当派太極内丹法」その「双方」においても、
「大切」な「中心技術」となります。》

つまりは「どう意識を繋ぐのか?」ということです。

その為には「高純度の練った氣」という「エネルギー源」

がどうしても必要になります。「マスターヨーガ」では

「高純度の陰の氣」すなわち「陰神」、「内丹法」に

おいては「高純度の陽の氣」ですから「陽神」がそれに

当たります。《「高純度」「高濃度」ということは、

「この世」の「物理法則」に全く「左右」されません。》

その為に「練功」という作業を重ねるのですが、これ

より「距離」という概念は全く関係なく「遠距離」に

おいても、あらゆる「技術」を使用する事が出来るよう

になります。

「氣塾」における「遠隔レッスン」とは、この「陰神」

「陽神」を使用する事により、距離を越えた「融合=

ウパース」を可能としています。「個人セッション」

での「一対一」の場合でも同じことです。

「誘導瞑想」とは「一対一」又は「一対多数」の「意識」

を「融合」させて、こちらで「意識レベル」を「誘導」

させるものです。

《これは我々「古式マスターヨーガ、武当派太極内丹法」
による「氣塾独自」の「技術」となります。》

《そもそも、何故このような「技術」が存在するのか?
これには大きな「理由」が有ります。》

《それは、「各個人」により異なる「最適な変性意識
レベル」を「師弟」で共に「探索」することにより、
「抽象的」で「感覚的」な正しい「瞑想、禅」という
ものを「確実」に「体得」「伝授」してもらう為に
「最短の道」となるからです。》

一般の「ヨーガ」や「禅」のスタイルとは「各個人」が

「独自」で行なうものです、つまり「私は私で、あなたは

あなたで」「マイセルフ・ユアセルフ」の世界です。

まあ、普通に考えれば、二人で「瞑想」をしていたとして

相手の「意識レベル」が「何処にあるのか?」なんて、

分かる訳もない、というところでしょうが、それが正しく

「師弟」となると、そういう訳ではないのです。長年

共に「修行」を重ねて行けば、相手の「意識レベル」や

「集中」がどの様に「極まっていくか」が共に「感じ

取れる」ようにもなるものです。それでも「確実」に

互いの「意識レベル」を「融合モニター」出来なければ、

《正しい「瞑想、禅」に「最適」な「各個人」により
異なる「変性意識レベル」の中の「壺」「スイート
スポット」に「正確にハマる」のも「偶然」に頼るしか
なくなり、その「コツ」を「習得」するのに、莫大な
年月を消費せざるを得なくなるのです。》

「誘導瞑想」とは「抽象的」「感覚的」なあらゆる

「妙法」を確実に「伝授」する為に存在しているのです。

「あなた」も一度「氣塾」で体験されてはいかがですか?

「目からウロコ」ものですからね。

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました