「グローバル化」する「医食同源」と「薬食同源」の世界〔漢方の四気五味)2

このブログは現在2700本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

「医食同源」と「薬食同源」という「言葉」があります。

「中国」では「薬と食の源は同じ」と考えます。

《命は食にあり、食誤れば病いたり、食正しければ病
自ずと癒える》

つまり「食=薬」という古来からの思想です。よって

「薬食同源」が本当で、「医食同源」は日本の「臨床医」

「新居裕久氏」によって造られた「造語」なのです。

「医療」と「食」の「源」が同じな訳は、ありません。

「中国」では「食」は「重要視」されます。「薬食同源」

の「食」とは《体調に合わせた、バランスの良い食事》

であり、「バランス」とは「栄養バランス」と「陰陽

バランス」を言います。この思想は既に「黄帝内経」に

《五穀を養とし、五果を助とし、五畜を益とし、五菜を
充とする、気味を合わせてこれを食すれば、精を補い、
気を増す。》

と示されており「五穀、五果、五畜、五菜」のバランスと

「気味」つまり、食物の持つ「寒」と「熱」の「性質」を

示しています。「気味」とは、日本においては「風邪気味」

の様に「○○っぽい」と言う意味で使われますが、本来は

「中医学漢方」の「気味論」を「意味」しており、

「四気五味」に表されています。「四気」は「寒、熱、温、

涼」の「薬性」を示し、「四性」とも言われます。「五味」

とは、「酸、鹹、甘、苦、辛」の5つの「薬味」を示します。

「四気」の特性は重要で「熱=体を温める作用が強い」

「温=体を温める作用を持つ」「寒=体を冷やす作用が強い」

「涼=体を冷やす作用を持つ」ちなみに「平」とは「温、涼」

の作用を持たないものです。

その「人」が「熱」が盛んであれば「寒涼薬効果」を持つ

「食」を摂り、「寒」が盛んで、冷えていれば「熱性薬効果」

の「食」を摂ります。これらの「薬性理論」は全て臨床上の

運用により「裏付け」されており「中薬学」と呼ばれます。

「薬学」としての「中薬学」は、その大半が「草根木皮」の

「植物薬物」が占めている為に「本草学=ほんぞうがく」

とも呼ばれています。《「薬」を「食べ物」として、

「食べ物」を「薬」として。》

「食べ物」を「薬」として良く「考えて」食し、

「薬」を「食べ物」の様に「気軽に」食す。

つまり「西洋医学」の用いる「薬」や「中薬学」の

「漢方」の「どちらか」に偏ることの無い、

その場、状態、緊急性を鑑みた「先進的」な「考え方」

が、私も「正解」だと思います。

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました