「右脳的思考」と「左脳的思考」どちらが良い?(左脳的に理屈で考えても事実は小説より奇なり)2

思考
このブログは現在2500本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

《「心の中に湧き出た思い」を「確かめる行為」はとても大切なのです。》
「脳科学」において「右脳と左脳」の話しがあります。
《「右脳」は「感覚、感情、直感、勘」等の「理論、ロジック」では説明不能な「ひらめき、思いつき」を司っています。そして「左脳」は「経験、学習」による「理論、ロジック」そのものを司り、理論で説明出来るものを指します。》
一般的に「真面目な日本人」なら、何より「先達」や
「自身の経験」を元にした「実証済み」の「理論、ロ
ジック」を「重んじて優先させる」ことでしょうし、
日本では、それが「大切」たと「常識の一部」として
教育されている感もありますが、我々の「氣塾」とし
ては、皆さんもご存知の通り「右脳の勘」を「活かす
生き方」を推奨しています。
今回のテーマもそれにちなんでいます。
《よく「左脳優先の仕事の仕方」と「右脳優先の仕事の仕方」の「どちらが正解なのか?」という「どちらが先なのか?」の「議論」があるのですが、》
それは、先ず「左脳」で「理論的」に考えてから、必
要に応じて「右脳」の「経験による勘」を活かすとい
うもので、これは「日本人」にとっては「一般的な定
石」と言えます。方やは、先ずは「右脳」で「直感的」
に考えてから、それを「左脳」により「理論的」な
「整合性」をチェックして、破綻が無いか?を確認す
る手順で、これは主に「経営者、自営業者」の「仕事、
思考」のパターンだと言えます。 
《でも、ここで、何故「医師」や「企業管理職」や「経営者」や「インテリ層」が「氣塾」に参加したのか?の「理由の第一」は、この「世の中」に起こる「現象」がなかなか「理論、理屈」だけでは「当ては まらない」事が実は「沢山あると気付いた」から、だと言えます。》
「日本人」特に「明敏な頭脳」の持ち主の彼らにとっ
て「過去の経験」に学ぶ「理論、理屈」によって、
「日常の大半の物事」全てが「説明可能」となります。
《でもあらゆる「違う思惑」が交錯する「現場」においては「各人の思念力の差」により「想定外の結果」
が「生まれて」くる事実も、彼らは度々「経験、確認」
して来たからこそ、そこで「悩む」のです。》
まさに「事実は小説より奇なり」ということです。
そうともなれば、その「奇なりな事実」をまた「理論
理屈」で「解明、理解」したくなるのが「知的探究心」
の「知性」であり、あくまで、私もその一人である。
ということなのですが、最終的な答えとは、そんなに
単純なことでは無く、その「両極」をどう活かすか?
というところに行き着きます。
つまりは「真逆もまた真なり」というところです。

《さあ「チャクラ」のスイッチを入れましょう!!「氣塾」では「2番チャクラ=丹田」から順に各チャクラを「稼働」させ「覚醒」させる事が「遠隔、対面」どちらの方法でも「最短時間で可能」になっています。また「遠隔レッスン」により各種「呼吸法」も「マスター」して頂けます。》

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 公式サイト|古式マスターヨーガ・武当派太極内丹法
陰の氣を操る古式マスターヨーガと陽の氣を操る武当派太極内丹法を伝授する 呼吸法 気功 瞑想教室です。

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました