人には「それ用」の「時間」が与えられる(経営者になるには「勘、予感、直感」を鍛えろ!)3

感、予感、直感哲学
このブログは現在2700本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

《人には「それ用」の「時間」が与えられる》と言われます。
 
「氣塾」には色々な「年代」の色々な「立場」の人々が参加
 
されています。やはり「お仕事」で「悩み」「模索」を続け
 
ている方々は多いですね。「氣塾」には「初心者、ベテラン」
 
含めた「ビジネスに挑む人々」が沢山おられます。男女問わず
 
で「40代~50代」の世代で、「氣塾」の中心中核となる世代
 
となります。「経営者」「経営者の卵」「お勤めの方」の場合
 
は「中間管理職」で「上司と部下」に「挟まれた」、働き盛り
 
とも言われる「難題、課題」の大変多い世代だと言えます。
 
《「氣塾」の観点から言えば、人生において最も「忙しく」、
最も「激しく」「ドラマティック」な、「氣」による「恩恵」
「気力、器量、勘、」を最大限に「利用」し、活かさないと
いけない「大切な世代」だと言えます。》
 
《特に「活かすべき」は「氣」から来る「勘、予感、直感」
の「能力」となります。》
 
「この世」での「仕事」とは、人生において如何に「自分の
 
能力」を「活かせるか?」の「勝負事」「賭け」だと言えます。
 
どれだけ「考えた」としても、どれだけ「理屈的」に素晴らし
 
い事だとしても、「早過ぎても駄目」「遅くては駄目」の
 
「間合い」と「タイミング」、そして最終的には「他の人と
 
の出会い」全ては「運と縁」が采配を振るう、摩訶不思議な
 
「この世」に対して、あらゆる「挑戦」によってしか、何も
 
「成し得ない」のが現実の世界です。
 
《そんな山積する「難題、課題」に対して、最終的に何が
「有効」もしくは「頼りに出来るか」に対して、あなたは
自分の持つ「勘、予感、直感」以外に「何かありますか?」
となってしまうのです。》
 
頼れる「上司、メンター」が居れば良いでしょう。でも、
 
それを「決断」して「実行」に移して「責任」を取るのは
 
どこまでも《「あなた」一人なのです。》仮にどの様な
 
「結果」が「生まれた」としても、その「決済」を他の人に
 
「委ねたら」必ず「たられば」が生まれますし「後悔する」
 
事になるかも知れません。つまりは、
 
《最後は自分一人で決断するべきなのです!》
 
誰もが自分の「人生を賭けて」何処かの時点で「仕掛けて」
 
いかなければ、その人の「人生」は「どうにもならない」の
 
です。そんな時「何を頼りにすべきか?」となりますと、
 
日頃において「磨いた自分の勘」が「どこまで通用するか?」
 
しか無いのは明白で、「生徒の皆さん」はその為に「氣塾」
 
を「選んで頂いた」という事なのです。
 
《「氣塾」は「あなたの人生」を左右する、決断の時の
「勘」を「鍛える場」となります。》
 
 
 
更に、続けていきましょう!!
 
 
 

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました