「抜苦与楽」「慈悲」の実践のあり方(「仏教」における「実践法」の数々)4

実践
このブログは現在2800本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

《さて、今回の「テーマ」は「修行者」「実践者」の方々に提起して、あえて問う「抜苦与楽」と「慈悲」の「具体的な実践」に付いて、あなたは「どう捉えていますか?」ということです。》
「実践者」の誰もが得たい「達観」の能力に付いても、
かなりの「実践が必要」という事を前項では述べました。
更に言えば「達観」とは予め事の結末を知る能力とも言
える訳で、正確に読むには「心の中」に「不安や期待」
を含めた「我」を持つと、途端に先の予測は乱れ、正確
性を失う事になるのですから「雑念、思念」を抑える
「呼吸法」による「止行の実践」も不可欠となります。
《これだけ様々な「実践法、修行法」の上に「達観」は存在する訳ですが「抜苦与楽」と「慈悲」の「実践」にしても「経典を読む」だけで可能になると思いますか?》
《「あの世とこの世の諸法則」を示す「法」、人をなるほど!と思わせる「仏話」にしても、それを現実の生き様に活かしてなんぼです。そしてその「生き様」こそが「具体的な実践」なのではないですか?すなわち「知行合一」知って行わざるは知らぬが如しですね。》
本来の「仏教」には様々な「実践法」がちゃんと存在し
ているのです。それは「仏教」が単純に「神を崇める」
という意味での「宗教」ではなく「自己の魂」を「成長
させる技術の集積」だからです。

《仏教における(実践法)の実例》
《「三十七道品」=「四念処、四生勤、四如意足、五根、五力、七覚支、八正道等の総称、悟りへの三十七の修行法》
《「三学」=戒定慧「戒学、定学、彗学」修行者が修めるべき学習、戒、禅定、般若の学び》
《「四無量心」=「慈、悲、喜、捨」仏が一切の衆生に対して持つあわれみの心》
《「瞑想」=「サマタ瞑想、ヴィパッサナー瞑想」思考を止め、内観をする「止観行瞑想」本来、数息観、安般念等の呼吸法を伴う》
《「布施」=他人に施し与えること、金品に限らず「教え」を説き示すこと、恐れ不安を取り除いてやること、広く社会的福祉活動を行うこと。》
一つ一つ読み解いて行けば解るのですが、このように
一部の要素は重複しますが「自己の精神のあり様」におい
て段階的なレベル提示がされている訳です。我々の実践す
る「道教」での「仙術内丹法」との「比較」においては、
「仏教」の方がより「精神面」において具体的であり、
「内丹法」の方はより「体術面」において具体性を持ち
ます。その観点から見て「ヨーガ」や「内丹法」に比べ
「瞑想」の「実践」において、精神性を重要視した為に
具体的な呼吸法と「氣の養生法」において、現実的には
「失伝」されたと見るのが正確なのだと思えます。
では、今回は「仏教の実践」のうち、本来は「悟り」に
導く為の具体的な「本道」である筈の「瞑想」と「布施」
において「考察解説」を進めていきたいと思います。

《このご時世です。正しい「呼吸法」を身に付ける事により「免疫力」を上げていきましょう!!「氣塾」においては「遠隔レッスン」にて、各種「呼吸法」を「マスター」して頂けます。》

では、更に続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました