再解説、技術的な一つの境地としての「空手のススメ」(魂の設計図の解読)5

哲学
このブログは現在2800本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

《魂の設計図の解読》

「開展緊湊」と「大展小異」は、どちらも「技術」に

おける「妙法」を示しています。それは、

《最初は「大きく」「明確」に「伸びやか」に事を進

めて、やがて「動き」をどんどん「小さく」していき、

「小さく」していっても「同じ威力」「効果」を「維

持」していくものです。》

「動き」には「無駄」が無くなり、「シンプル」なも

のになりますから、素人さんからは「何をやっている

のか」分からなくなります。つまりは「見切られない」

ということです。

「古式マスターヨーガ」には、人々の「魂」の中にあ

る、今世でやるべきことの「設計図を解読する」とい

う「技術」があります。これは「層状」になっている

「魂」の「構造」を「分け入る」ことにより「特定領

域」にある「設計図」に「アクセス」する事を可能に

します。今、既に「氣塾教室」を開いている「師範ク

ラス」の「弟子達」には「魂の設計図の解読」の「技

術」の習得に磨きを掛けていってもらっています。

この「技術」に関しては「プレッシャー」の中で「能

力」を「開花」すべき「技術」ですから、「中途半端」

な「練習」なんぞは「無用」で、一回限りの「真剣勝

負」で「挑む」のが、ある意味「秘訣」なのです。

ですから

《「弟子達」がこれに挑む際に、私が教える「秘訣」

アドバイスこそが「空手のススメ」ということなのです》

これも「高級」な「技」が「基本技術」の「延長線上」

にある。ということの「良い例」なのです。「氣塾教室」

で「弟子達」が生徒さん達と、今の「相手」の「精神状

態」と「身体状態」を見切る「トンレン」と言う 「技術」

を毎日毎日「繰り返して」いることが「基盤」になって、

これがある事によって、《更に一人の相手を、より時間

を掛けて、より深く見ていく》この事が可能になるの

です。

《全ては日々の「トンレン」の「延長線上」にあり。》

その「経験」が「生きる」場なのですから、

《そこには「細やかな、技術」は最早「無用」になるの

であり、「自身」のこれまでの「経験」だけを「信じて」

「空手(くうしゅ)」で挑むのが相応しい。》

ということなのです。

もちろん、この「技術」にも、それを「可能」にする

ここには書けない「段取り」が存在するのは事実ですが、

その場には、最早、小賢しい「小技」は必要ありません。

いかがでしょうか?全ては「プロの世界」の積み上げを

可能にする「カリキュラム」が存在します。それは長年

の歳月で既に試行錯誤を済ませた「優先順位と段取り」

の世界です。これが有るから最短の期間で一人のプロを

育成することが可能となります。もしそれを一人一人が

模索していたなら、時間はいくら有っても足りません。

人の一生の輝ける期間は限られているのですから。

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました