「氣塾」での質問「続、カルマの謎について」6(おさらい)

このブログは現在2600本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

https://kijuku.org/treatment/
https://kijuku.org/category/event/


・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥



遠隔氣塾申込

インドにおいて、「業=カルマ」の「思想体系」は

紀元前10世紀から4世紀にかけて「確立」されて

行きました。「仏陀」の登場と「仏教」の成立は、

「業論」においても、一つの現実的な「答え」を

もたらす事になります。

「比丘たちよ、意思が業である、と私は説く」(仏陀)

当時「瞑想行」「禅行」による探求の中での「体験事実」

を重んじる時代において、「体験不能」なものは「妄想」

「想像」の域であり、「瞑想行」自体が「不完全」で

「稚拙」な場合や、解釈の「飛躍」も想定出来る訳で、

「事実」としては認めない、という立場をとりました。

よって明確に因果関係を考慮した時に、ある意味「運命論」

としての「業」は認めざるを得ない。しかし今世での、

どの「業」が、どの「前世」の「行い」に対応しているのか?

等は基本的に「死なない限りは、確かめようの無い物事」

である。したがって「今世」の出来事の意味を「安易」に

「前世」に求めるのは「間違い」である。という「後退的」

でなく「前進的」で「未来思考的」な姿勢をとるのです。

また、その「業」の発生するプロセスにおいても、

「人」である以上、「行動、行為」の発生する前に、必ず

「意思、思考」有りきである、よって「業=カルマ」とは、

その「結果」が発生する「行ない」であり、「行ない」の

元に「意思」が有る以上《「業」とは「意思」》すなわち

「自我=エゴ」である。ならば、最終的に「自我、個」から

「解放」され「宇宙=梵」と一体となる「解脱」の境地に

立った時、「個」では無くなって「全体」となるのですから

そこには「個」であるが故に持つ「業=カルマ」も無くなる。

と、最終的に「基本理論」が「明確」に、成り立つ訳です。

これが「仏陀」の説いた「業=カルマ」に対する論理の

概要です。いかがですか?「輪廻転生」のシステムに、

必要な「意味」があり、それが「どの世」においても

「人と人」が絡み合い、そこに「必然的」に「業」が

生まれる以上、「業」の「本質」とは、やはり、

どの角度から考えても、「そうあるべき」では

ないでしょうか?

これらは、事が「仏教」でなくても、「この世」の

ありようを考え、正しく「瞑想行」「禅行」に励めば、

おのずと導き出されるべき、一つの「事実」なのです。

更に、解説を続けましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


https://kijuku.org/


・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので
お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、
磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました