再解説、今の価値観は惜しまず壊せ!スクラップandビルド(お医者さんの為の正しいネガティブとは?)3

修行
このブログは現在2800本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

《お医者さんの為の正しいネガティブとは?》

《「社会的な立場」の「高い、低い」に関係なく

真の意味で「不器用な大人の人達」は酷く多い。》

私はこれを「痛切」に感じます。例えばです「氣塾」

には「医療関係」に従事している方々が沢山おられ

ます。まさに「医師」であったり「看護師」の方は

一番多いのですが、その他にも「リハビリ師」から

「理学療法士」まで、皆さん「プロ」の方々です。

《でも、その「医療関係」の方々の殆どが「ネガテ

ィブ思考」なのです。》

これには、大きな「理由」が有ります。何故なら、

《「患者さん」は、皆さん放っておいては絶対的に

「良くならない」からです。》

なら、何が必要になるかと言うと「患者さん」が先

々「陥るかも知れない病状」や「病変」を「こうな

る恐れがある」という様に、心配して「先読み」し

た上で、患者さんに「警告」して、未然に防ぐ為に

「処方」するなり「施術」する必要がある訳です。

《「恐れを先読み」する事こそが「医療現場」にお

いての「誠実」であり「正義」なのです。》

「医療関係」に従事しているなら、あらゆる「恐れ」

の可能性を模索する事こそが「誠実」であり「患者

さん」にとっての「安心」なのですから、これが何

を意味するかというと、

《当然「医療現場」において「楽観論は厳禁」。》

ということになります。医療関係に勤める方々は

「生真面目」な方々が大半です。「恐れて未然に防

ぐ」のが「正義」なのですから、

《どれだけその人の「性格」が本来は「楽観的」で

あったとしても、任務を確実に遂行していく為には、

その「思考パターン」を「恐れ」すなわち「ネガテ

ィブベース」に「改造」する必要があったのです。》

これは「お医者さん」でも「看護師さん」でも全て

がそうですし、ある意味、当然です。

でも、ここで「人の不器用さ」が出てくるのです。

《仮に、この考え方が「プライベート」や「家庭内」

に持ち込まれたら「どうなるか?」》

ということです。ある意味ここでの「ネガティブ」

は「信念的な頑固さ」を生みます。それら「仕事用

に改造」された思考法が全て「家庭内」に持ち込ま

れたら、他のご家族はどこまで「理解」出来ると思

いますか?

いかがでしょうか?ここからいよいよ「出来る人の

不器用さ」の問題が出てきます。何でもかんでも器

用に上手く立ち回れません。仕事における「正義」

や「誠実」と他の家庭やシチュエーションでの価値

観とは大きく異なる場合が多々あるのです。この点

においての「理解の仕方」においては「昭和の価値

観」が何かと上手く機能していたと思えます。

「働く人が圧倒的に偉い!」という価値観において

全てを押さえ付ける事が可能だったと言えるのです

が、今となればあまりにも「古臭くて」違和感を覚

えますよね?人間的に安直です。

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました