6月29日知恵哲学講義「ゴータマ・シッダールタ前編」(此れがあれば彼があり)3

ゴータマ・シッダールタ3智恵
このブログは現在2300本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

さて「仏教」のポイントになるもの、として「四諦」
「八正道」をあげました。「縁起」に関しては後序
いたしまして、後は「気付きの瞑想法」というものが
有ります。これは「仏教誕生以前」の「バラモン教」等
においても同様なものがあり、「修行をする」という
事においては「流派、宗派」の関係は無く「止観行」、
つまり「止行」と「観行」により成り立つのは他と同じ
という事になります。これは「仏教」においては、
「無明系瞑想=アヴィッシャー」「受系瞑想=ヴェーダナー」
となります。「無明系」とは、その文字通りで「無明」を
滅するアプローチとなります。「無明」とは未だ「真理」
に程遠く、知恵の光に照らされていない「迷い」を意味し
ますから「混乱と混沌」の中に居る訳で「止行」を通じて
一旦「雑念を停止」させる必要があるということです。
よって「仏教」の言う「受系の瞑想」とは「観行」を意味
しています。「十二縁起」でも馴染みのある「受」から
生じる「煩悩を拡大させない」アプローチとなります。
その代表となるのが「四念処の観行」となり、
「身体の不浄」を観ずる「身念処」(不浄観)、
一切の「受」は苦であると観ずる「受念処」(一切皆苦)、
心の無情を観ずる「心念処」(諸行無常)、
法の無我を観ずる「法念処」(諸法無我)
これらによって成り立っています。
また「仏教」における「縁起(プラティーティヤ・サム
トパーダ」の考え方とは、全ての現象自体が原因や条件
が相互に関係しあって成立するものであって、独立自存
のものではなく、その起因となる条件や原因が無くなれば、
結果も自ずから無くなる、という「仏教」における
「根本原理」を表しています。この「縁起」の考え方は、
「此縁性(しえんしょう)=イダッパッチャヤター」の中
の小部経典「自説教」に表現されており、
《此(これ)があれば彼(かれ)があり、此れがなければ
彼がない、此れが生じれば彼が生じ、此れが滅すれば彼が
滅する。》
この場合の「此」とは「煩悩、無明」を指し、「彼」とは
「苦」を指しています。よって、
《「煩悩」があれば「苦」が生じ、「煩悩」がなければ
「苦」がない、「煩悩」が生じれば「苦」が生じ、
「煩悩」が滅すれば「苦」が滅する。》
と言い換えることが出来、これも「仏教の命題」の一つ
となるのです。これも「仏教の基礎」となり「法」を
表しているのです。
更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 公式サイト|古式マスターヨーガ・武当派太極内丹法
陰の氣を操る古式マスターヨーガと陽の氣を操る武当派太極内丹法を伝授する 呼吸法 気功 瞑想教室です。

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》
(氣塾、気脈の詰まり取り施術、対面個人¥12000、遠隔初回¥10000、2回目以降¥5000)

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました