特別な「集中力」を身に付ける(子供の頃出来た「無我夢中」こそ「集中力」)4

集中力
このブログは現在2700本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

では《一般的な集中力》を確保するには、どの様な
手が有るのでしょうか?
「充分な睡眠時間の確保」「脳」の「ストレスや疲労」はどの様な人でも「眠る」事による「休憩」でしか解消はされません。
よって最低でも「6時間」より理想的では「8時間」しっかりと「脳を休ませる」事により人の能力は発揮されます。
「一つの物事に集中する」前項の通り「ながら作業」や「マルチタスク」は定期的に刺激をもたらしますが、それは変な癖となります。基本的には人は一つの物事にしか集中は出来ませんから、それは結局「高速で集中対象を切り替えているだけ」となり、エネルギー的にはとても非効率的なのです。
「集中力を削ぐものを極力排除する」「集中力」のためには「集中」を削ぐものは排除しましょう。目の前の物や頭の中の考えが「散らかり状態」であると「集中」は出来ません。よって全てを整理整頓するのが望ましいのです。
「小さく段階的に目標を設定する」効率的に作業を進める為には、小さな「段階的目標設定」がとても役に立ちます。時間毎に目標を達成すると「脳」は「ドーパミン」を出しますから喜ぶのです。更に目標達成の「ご褒美」を設定する事は「モチベーション維持」の為にもとても役立ちます。
「最低限の運動」やはり、普段身体を動かさない大人は運動不足になりがちです。それに「疲れの蓄積」「ストレス」が重なると、何をするにも「ダルさ」が出てしまいます。更に普段からPCの前で座りっぱなしが続くと、「首、肩、腰、足」全ての機能は低下して「コリ」や「神経痛」の元となります。ですから、そこから身体を解放する意味でも、体を適度に動かすのは、とても大切なことです。

いわゆる「氣塾」で鍛える「集中力」とは「無我夢
中」であり「没頭」なのです。それは誰もが「子供」

の時には例えば「新しいおもちゃ」を与えられたら
途端に出来た事だと言えます。子供の頃には簡単に
出来た筈の事なのに、大人になってしまうと「難し
く」なってしまうのが「集中力」です。でも、ここ
まで書いてきた「集中力」に対してのあれこれは、
あくまで全てが「一般的な集中力」を養うために必
要なことで、「プロ」が使う「レベル」のものは全
く「異なります」。それは様々な「職業」によって
違うタイプの「集中力」を「特化」させているもの
だと言えますが、それは業種に応じて様々です。
では、我々「プロ」が言う「極度に尖った集中力」
とはどの様に作られるものなのか?
その一旦をお教えしましょう《さあ「チャクラ」のスイッチを入れましょう!!「氣塾」では「2番チャクラ=丹田」から順に各チャクラを「稼働」させ「覚醒」させる事が「遠隔、対面」どちらの方法でも「最短時間で可能」になっています。また「遠隔レッスン」により各種「呼吸法」も「マスター」して頂けます。》更に、続けていきましょう!!

浅い集中力を使ったとしても、さして得るものは無い

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました