どんな人でも「呼吸法」から始めて頂きます(どの様な目的にも呼吸法が必要な理由)4

呼吸法呼吸法
このブログは現在2700本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

《全ては「呼吸法」から始めて頂きます。》
 
「氣塾」に参加されている「生徒さん達」には「様々な目的」
 
がありますが、その全てにおいて「気力と器量」が必要であ
 
り、「気力と器量」の為には「各種」存在する「呼吸法」が
 
「養生」するためには必要となります。
 
例えば「鬱、パニック障害、自律神経失調症の方」の場合、
 
明らかに「精神的な病の領域」となりますが、これらに対して
 
は「古来」から「呼吸法」による「気力の養生」が一番「有効」
 
だと言われています。これは「現代医学」においてもそうで、
 
《「呼吸」だけが「唯一、自律神経にアクセスが可能」である》
 
という「事実」によっても証明されており、「気力を強くする」
 
事により「薬に頼らず」劇的な改善が期待出来るのです。
 
「エンパス(共感)体質で困っている方」「気持ち、気力が弱
 
くて強く自信を付けたい方」の場合、共に「気弱い」故にその
 
「悩み」が有るのですから「呼吸法」と「実践の行動」によっ
 
てのみ「改善は可能」となりますし、それ以外は無理ではない
 
でしょうか?
 
「仕事の為に集中力を付けたい方」や「営業の為に安定して
 
落ち着いた精神を欲しい方」の場合、「集中力」は「安定し
 
た精神」が「支える」ものです。お仕事での「営業」にして
 
も「ここ一番」にいかに「実力」を発揮出来るか?は「適度
 
な緊張」と「気合い」の入れ具合が「ミソ」となります。
 
この場合においても、我々なら「精神レベルの上げ下げ」
 
は「それ専用の呼吸法」により可能となります。
 
上記の方々において「共通」する事項として「気弱い」が故
 
に「気が上がり」腹の座りが弱く、足元が「おぼつかない」
 
のです。だから「小動物」と同じで絶えず「何かに怯え」
 
細やかに動いてしまいます。それに対して「落ち着いた人」
 
を想像してみてください。それは「気強さ」とそこから来る
 
「腹の座り」が「落ち着き」を生み出しているのです。
 
全ては「気力のゆとり」の産物です。「ゆとり」を持ってい
 
るからこそ「大らかな心」が生まれて「落ち着き」になるの
 
です。
 
本来なら、どの様な人においても「修羅場」を多数潜り抜け
 
れば、それなりに「気力」は「養生が可能」となるのですが、
 
誰もが、そんな「運命、宿命」を背負っているとは限りませ
 
んよね?これを「技術」と「体術」そして「カリキュラム」
 
として「可能」としているのが、「インド、中国」により
 
古くから伝わる「呼吸法」なのだと言えるのです。
 
つまり「技術、体術」として「習得可能」なのですから、
 
「身に付けて」頂ければ、確実に改善されますので「良し」
 
と思った方は「氣塾」に「ご参加ください!」となります。
 
 
 
更に、続けていきましょう!!
 
 

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました