再解説、人の「魂」を紐解いていこう!(西洋での魂の発生源と供給源)6

このブログは現在3000本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

《西洋での魂の発生源と供給源》

「魂の発生源」に関しては未だ西洋、特にキリスト教内

においても、統一した見解は無く、諸派によりその意見

は大きく分かれており、未だ頭痛の種となっています。

もちろん、最大派閥としては「創造説=神が世を造った

際に、魂も神によって創造された。」ですが、その

「供給源」も含めた考え方として「伝移説=誕生の際に

両親から魂が遺伝される。」又はより「東洋的」な

「先存説=誕生の前に、前世において魂が存在する。」

という説もあります。また別の少数派の「キリスト教信

者」は「魂」の存在を信じず、死の際に「精神」と「肉

体」その両方が「停止」するとし、また少数の別派は

「魂」の存在は信じているが「不滅」ではないとします。

しかし、両派とも最終的には「イエス」を信じる者には、

再び「不滅の魂」を授かる、としています。

いずれにせよ「人生を一度きり」と捉える「一神教的」

な「西洋」での考え方として《全ては「神様」が造った

ものであり、その「創造」「発生」から「再生」に至る

まで、全てが「神様」が決めて「神様」によって成され

る事。》という立場が大勢を占めています。

もちろん「キリスト教」を信仰しているか否かは、非常

に大きな「救い」「許し」の為の条件ですし、 その行な

い自体は「自己責任」であるものの、何よりも「全ての

裁定」は「神様任せ」で「受け身的」なニュアンスにな

ります。

それに対しての「多神教的」な「東洋」でのニュアンス

は、もちろん全てを創り上げたのは「神々」であるので

すが、「神々」は「この世」「あの世」に関わる全ての

「法則」を含めた「システムの創造主」であり、我々の

「魂」は、その「システム」に沿って「循環」しており、

その秩序と新たな「システム」を運営して守るのが

「神様」の働きであり、その中で例外もあり得るのだ。

ということで、その「システム」に則って、我々の「魂」

は「自己の責任」において「魂の向上」をはかり「解脱」

を目指しなさい、ということなのです。

何故なら「梵我一如」我々の「魂」の中にも「神様の持

つ特性」が宿っている筈なのですから、魂を磨くことが

「自己の責任」である。

という事でこれが「魂の責任」に対する「東洋と西洋」

のニュアンスの違いだといけます。あらゆる「自己修練」

「自己鍛錬」の方法が「東洋」に集中している理由の

大きな一つになるのです。

いかがでしょうか?キリスト教の様に「一世主義」「魂

の永続性の否定」を考えた場合、そこに供給元となる

「魂の循環システム」が存在しない為に、どうしても諸

派により見解が異なる事になり、何処かに不合理が生じ

てしまう事にもなります。まあ、その善し悪しは別とし

ても、神様が全てを創ったのですから、そこにはこの世

の物理や理法と同じく「シンプルで合理的、かつ拡張性

を持つシステム」が存在しているべきと私は思うのです

が、皆様的にはいかがでしょうか?

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました