2021-05

実践

再解説、続編、あなたは「内なる声」を聴けているか?(自己内にある魂からの声)2

《自己内にある魂からの声》 「内なる声」とは、誰にでも有るもので決して特別な ものではありません。誰もが何かをしようとした時、 ふと「脳裏をよぎる」もので、 《「予感、勘、直感」からの「あなた」への「話しか ...
実践

再解説、続編、あなたは「内なる声」を聴けているか?(人生の大事な決断は一瞬ですべき)1

《続編、あなたは「内なる声」を聴けているか?》 《人生の大事な決断は一瞬ですべき》 最近「反応」が早いですねー!、早速「内なる声」に 関する「ご質問」を頂きました。 《「内なる声」に関する質問です。以前からの「知り...
実践

再解説「内なる声」「後ろの声」「天の声」聞いてる?(聞きたいなら、素直に心眼を開け)5

《聞きたいなら、素直に心眼を開け》 最後に、私はこれまで「自身の脳裏に浮かぶ内なる声」 それは「後ろ」か「天からか」又は「自己の内面か」 いずれかの「声」や「文字」「メッセージ」「閃き」 に「従って」生きて来ました...
実践

再解説「内なる声」「後ろの声」「天の声」聞いてる?(下手な部下よりも信用できるもの)4

《下手な部下よりも信用できるもの》 「内なる声」というものは「我」すなわち「思い」が 無い状態において「感知」します。それ故に「瞑想」 でも「座禅」においても「無我を取れ」と言われるの です。それは《適度の「緊張」...
実践

再解説「内なる声」「後ろの声」「天の声」聞いてる?(本当の声は30分で記憶から消えるもの)3

《本当の声は30分で記憶から消えるもの》 いわゆる「内なる声」というものはその人の「転機」 の際に訪れるものなのです。それは、「迷わない為」 であり「間違わない為」に訪れるものなのです。 「スピリチュアル」に傾倒し...
実践

再解説「内なる声」「後ろの声」「天の声」聞いてる?(内、後ろ、天から、どれでも良い)2

《内、後ろ、天から、どれでも良い》 「人の後悔」の最たるものは「やらなかった事」への 「後悔」です。「これをやっておけば良かった」とか 「もっと、こう生きていれば良かった」ということ です。その次は《「結果...
実践

再解説「内なる声」「後ろの声」「天の声」聞いてる?(失敗は成功の母、悪ではない)1

《「内なる声」「後ろの声」「天の声」聞いてる?》 《失敗は成功の母、悪ではない》 《人生は一つ一つに「ケリを付けて」進んでいかない といけない。》 そこで、何故「ケリを付けないと」いけないのか? また...
実践

再解説「気遣い」こそが人の最高の技量である(気遣いは惜しむな、人には返報性の原理がある)4

《気遣いは惜しむな、人には返報性の原理がある》 《人を「気遣う」ことを可能にするのは「強さ」と 「安定」から来る「ゆとり」がもたらす「達観力」 です。》 人は誰しも、誰かに「気遣われる」ことに対して 「抗う」...
実践

再解説「気遣い」こそが人の最高の技量である(気遣う力を禅の世界では「老婆心」と言う)3

《気遣う力を禅の世界では「老婆心」と言う》 《私は「気遣い」とは「この世」においては、 「最も大きな力」なのではないか?と考えています。》 それは「人が強いエゴから離れて」初めて「他の人」や 「複数」にとって良いと...
実践

再解説「気遣い」こそが人の最高の技量である(気遣いとはどこまでも親身、親心と同じもの)2

《気遣いとはどこまでも親身、親心と同じもの》 《私は「気遣い」とは「この世」においては、 「最も大きな力」なのではないか?と考えています。》 何故なら 《「気遣い」とは、どこまでも「親身」「親心」と 「同じ」...
タイトルとURLをコピーしました