「エンパス体質」の方が身に付けるべき「鈍感力」(鈍感力とは必要外のものに鈍感という事)3

鈍感エンパス(共感)
このブログは現在2600本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

《「エンパス(共感)体質」で最も問題になるのは、それが
「先天性」にしろ「後天性」にしても「他の人」から受けた
「悪い影響」が「ダメージ的」に後々まで「残る」ところに
あります。》
 
それは「肉体的」には、相手の具体的な「疲労感」や「疲れ」
 
「痛み」であったり、また「精神的」には「不安、恐れ」や
 
「怒り、悲しみ」「猜疑心」も含めて「あなた」の「心の中」
 
に影響が「移り」、それが少なからずの「尾を引く」ことに
 
なる「影響」なのです。これは引いて考えれば「普通の人達」
 
にもある程度当たり前にある現象でもあります。「仕事」で
 
「その道のプロ」になるのに当たり「上司や先輩、お客様」
 
からの「影響を受けて」成長していく訳ですから「必要な事」
 
だとも言えるのですが、
 
《「エンパス体質」の人達の場合、そこで受ける「ダメージ」
が大きいために、それが「悩み」や「苦痛」の元となり、
その後の「仕事」に「支障」をきたしてしまうのです。》
 
では、これを「根本的」に「解決する方法」とは、いかなる
 
ものがあるのでしょうか?その「ヒント」とは「長年のプロ」
 
に有ります。例えば、長年医療に従事している「老齢のお医者
 
さん」の場合、細かい事で「ダメージ」を受ける事はありませ
 
んよね?仮に「患者さん」が「痛い、痛い!」と訴えたとして
 
も、それに大きく「同情」して「驚いたり」「悲しんだり」
 
する事はあり得ません。
 
《これは何故か?と言えば単純に治療対処をする側が、精神的
に「冷静」でないと「正しい判断」が下せない、からです。》
 
つまり「医療」に限らず「長年のプロ」になると「正しい判断」
 
の為には「精神的、肉体的」にも「ダメージ」を「受けない」
 
ように出来る、という事を表しています。これが
 
《これが、「エンパス体質」の人達が「身に付ける」べき
「鈍感力」と言うやつです。》
 
《「鈍感力」とは決して何に対しても「鈍感」という訳ではあり
ません。「必要外」のものに対して「鈍感だ」という事です。》
 
例えば「医師」からすれば、病気を診断してしまえば、そこから
 
出てくる「痛みの度合い」は想像が出来ます。そこでいちいち
 
「同情」するよりも「治療」なり「処方」するなりして患者の
 
「痛み」を取る方が、全てにおいて「優先されるべき価値観」
 
なのです。この「観点」から見れば「エンパス体質」の人達は
 
「敏感過ぎ」で、とても「仕事」を遂行する事は「不可能」だ
 
となるのです。
 
《では「鈍感力」とはどうすれば身に着くのか?となります》
 
《その「ヒント」となるのは「おおらかな心」だと言えます。》
 
 
 
更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 公式サイト|古式マスターヨーガ・武当派太極内丹法
陰の氣を操る古式マスターヨーガと陽の氣を操る武当派太極内丹法を伝授する 呼吸法 気功 瞑想教室です。

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました