再解説、技術的な一つの境地としての「空手のススメ」(当時、最新だった禅文化)3

哲学
このブログは現在2800本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

《当時、最新だった禅文化》

では、解説に入ります。「空手(くうしゅ)」とは「曹

洞宗」の開祖「道元禅師」の残した言葉であり「仏語」

「禅語」です。「何も持たない」状態を表し「手ぶら」

「徒手」でもあります。

中国にて「禅」を体得した「道元禅師」は日本に帰国し

た際に「空手還郷=くうしゅげんきょう」とその「境地」

を語りました。

《「空手還郷」とは「空手にて、郷(さと)に還(かえ

る)。」という意味を持ちます。》

つまり、何も持たずに郷(さと)に還ってきたというこ

とです。これ、普通に「考える」と、中国に渡るときに

「土産」、正しこの際には「物」か日本の「技術」を持

って渡り、中国から帰国する際には「土産」として「物」

か「技術」を持って帰るのが普通ではありますが「道元

禅師」は「空手」「手ぶら」にて帰国した!と言った訳

です。時代は「1200年代」の「鎌倉時代初期」、文化の

中心は「平安時代」と同じく「京都と奈良」にあり「朝

廷」を始め「公家」「寺社」の持つ「勢力」も依然精強

であり、中国(宋、元)からの「禅文化」の影響を色濃

く受けていた時代であった訳で、その中で「南宋」から

の当時貴重な「技術」を待ち侘びていた人達に対して、

「道元禅師」は敢えて、「何も持たずに行き、何も持た

ずに還る」と一つの「境地」を唱えたのです。

《その「本質」において、「仏教」や「禅宗」とは「信

仰」ではありますが、「精神学」「哲学」の側面におい

ても、一つの大きな「技術」であると言えます。》

それも「時代背景的」には「最先端」の「技術」だった

のです。「空手の概念」は当時、非常に「センセーショ

ナル」な「文化的衝撃」を与えたことは想像がつきます。

「空手」の「表面的」な「思想」としては、

《人は何も持たずに生まれ、何も持たずに死ぬ。》

と言う「インド哲学」の「根幹的」な「考え方」を表し

てはいるのですが、「空手」の実態は「技術的」な面に

おいての「究極」の「境地の法則」を含み表していたの

ですから、人々は「驚愕」した訳なのです。

いかがでしょうか?日本よりも数千年の単位で思想文化

が進んでいた「中国の思想、哲学」はとても理知的で先

進的、当時の公家や武家を含めたインテリ層には、とて

も刺激的だった訳ですね。この「禅」に限らず「書道」

の元となる「王羲之の書経」茶道の元となる「茶経」も

この時代に一気に日本に紹介され、高い地位の人達に熱

狂的に受け入れられた訳です。

《さあ「チャクラ」のスイッチを入れましょう!!
「氣塾」では「2番チャクラ=丹田」から順に各チャクラを「稼働」させ「覚醒」させる事が「遠隔、対面」どちらの方法でも「最短時間で可能」になっています。また「遠隔レッスン」により各種「呼吸法」も「マスター」して頂けます。》

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました