今だからこそ「遠隔レッスン」の効果(会えないからこそ、見えるものがある)2

「氣塾」・教室
このブログは現在2800本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

「2011年」当時「スカイプ」を使った「遠隔レッスン」の
「思いのほか見える」という「効能」の発見は驚きでした
が、そもそもその「練習」は考えれば「修行」の中にふん
だんに盛り込まれていました。「遠隔レッスン」の「基本
概念」とは、こういうことです。我々の「古式マスター
ヨーガ」には「トンレン行法」という「中心行法」が代々
存在します。
《「トンレン行法」とは「氣を養生」した一人ないし二人で向かい合い、互いに「手を出して」呼吸と共に互いの「氣」を「循環」させ、相手の「氣」を読み、相手に「良い影響」を与えるものです。》
これは「最初期段階」では「互いに手を出して」行ないます
が「次の段階」では「手を出さずに」、更に次の段階では、
「壁を挟んで」行ない、更にその次の段階では「距離を設け
て」行なっていきます。
《これ、本来は「氣」ですから「距離」には「関係の無い」ものなのですが、逆に「やり手側」の精神内に有る「距離が有ると飛ばないのでは?」という「先入観」を「段階的 に取り除く」為にこの様な「カリキュラム」となっているのです。》
これは、実践的な「太極武術」では「中心套路」としての
「推手套路=すいしゅとうろ」が同じ「意味役目」となり
ます。「相手の氣」を読み、動作の「虚実」を感じ取る
《「聴経=ちょうけい」を養う実践的な訓練となります。不思議なもので、この「トンレン」や「聴経」を鍛えていると、「人の氣質」そのものが「データバンク化」されていきます。》
人の「性格個性」というものは「気の波の形」「気質」に
より現れますが、やはり「同じ気質」を持つ人の場合、
同じような「気質」同じような「性格」になるものですか
ら、この「気質」を感じるだけで、相手の性格について、
ほぼ「9割9分」見切ることが可能になるのです。

ただし、これは決して「特殊な能力」ではなく、鍛えれば
「かなり使える能力」になるのです。それは長年の「職人
が持つ勘」がそれに当たりますが。例えば「田舎を離れて
都会に暮らす子供の異変を母親が察知する能力」でもあり
「奥さんが旦那さんの浮気を察知する能力」「双子の子供
の片割れが事故や災難に遭った際に察知する能力」「虫の
知らせ」とも言える能力、全て「同じ能力」だと言えます。
《つまり、他の人から「何でそう思ったの?」と聞かれても「いや、何となく」としか「答えようがない」物事ですが、当人にとっては「確信が有る」ような物事だと言えます。》
これも「古式マスターヨーガ」においては「ユジュ」であり
仏教においては「般若」と表現される「能力」となります。
では、何故その様な能力が「身につく」のでしょうか?
《このご時世です。正しい「呼吸法」を身に付ける事により「免疫力」を上げていきましょう!!「氣塾」においては「遠隔レッスン」にて、各種「呼吸法」を「マスター」して頂けます。》

更に続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました