再解説「悟り」のリアルな分析と具体策(それは、一心不乱で迷いの無い境地)1

悟り
このブログは現在2800本以上の記事を貯蔵しております。是非お楽しみお役立て下さい。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
ランキングの応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

新しい、シリーズに移りましょう!過去のブログに新解

釈の再解説を入れるシリーズです。今回は何かと新人さ

んからの質問の多い《「悟り」とはどの様なものか?》

に付いてのお話しをしていきましょう!!

《「悟り」のリアルな分析と具体策》

《それは、一心不乱で迷いの無い境地》

さて、最近「悟り」に関して「ビミョー」な理解をして

いる場合をよく見ますが、まず「根本的」な解釈として

「なんぞ?」に対しての答えですから、「○○である」

という「正体を知る」ということです。

「哲学」「禅道」でもそうです。「あの世とは?」

「この世とは?」「社会とは?」「人間とは?」

そして「自分とは?なんぞ?」ということです。

「修行者」に限らず、この社会で何かを「極めよう」と

する人達なら、必ず通る「道」であり、挑むべき「問題」

でもあり、その人なりの「答え」を出さないといけない

とも言えるのではないかと思います。

「正体を知る」ことの「重要性」は「正確」に「自分」

を捉えることにあります。「自分の正体を知る」には、

「社会とは?」「人間とは?」を知らないと、その中に

いる「自分」の「位置」と「役割り」を分かりません。

以前「アインシュタイン」の説いた、哲学を書きました。

「人の価値とは、その人が得たものではなく、その人が

与えたもので測られる。」

「他人のために尽くす人生こそ、価値ある人生だ。」

自分が「何でなら」他の人達に「与えられるのか?」

「何を持って」他の人達に尽くすことが出来るのか?

自分が「何のために」生まれてきたのか?を「正確」に

捉えることが出来れば、その人の「宿命」が定まります。

それが「社会」のレベルにまで「貢献」出来れば、

素晴らしいことですが、「一人のため」「二人のため」

でも良いのです。その「宿命」「天命」が定まった人は

当然、この「道」に「生きる」という「腹が座ります」

何故なら、それを「歩む」中でぶち当たる「困難」は、

自分にまだ「足りない」ことや、乗り越えるべき、

ステージの「壁」であると、ちゃんと「認識」出来る

からです。それが乗り越え続けれる「信念」を養います。

逆にいうと「宿命」「天命」が定まらなければ、それら

が「認識」出来ませんから、単純な話しで「これで良い

のであろうか?」という「迷い」を生み、「迷い」は

「何時になったら?」という「不安」を生みます。

ようするに「悟り」とは、あらゆる「何ぞ?」を含めて

何より「自分自身」が「何ぞの為に?」を「悟っている」

のですから、「確信」を持たない単純な「迷い」なり

「不安」は「悟れて」いないと言うことが出来ます。

よく「自分は○○することしか能が無い」と言いますが、

それを言い切るのは、自分に関しては「悟れて」いる

訳ですし、ある意味「境地」に達していて、だからこそ

「他のことは」上手くやれないとの認識を持っているの

です。これは良い意味では「降参」が出来ているのでし

ょう。

ただ、一つあり得るのは、自分の「能」に対して「悟っ

て」いたとしても、それが「ゴッホ」の生涯みたいに

「今世」で正当に「評価」を受けるとは限らないことに

有りますが、それでも、それがその人にとっての「天命」

であり「能」であるとしたら「一心不乱」に「没頭」出

来るだけの「確信」とそれに打ち込む「情熱」、続ける

「執念」を持てるはずなのです。なぜなら、そのように

「天命」や「能」を持つ人にとっては、次々と「才能」

が「閃き続けるか?」「悟り続けることが出来るか?」

ようするに自分自身を「納得させられるクオリティ」を

「維持」できるのか?この方が「最重要」であり「悩み

の種」なのです。ですから「悟る」ということは、

かなりの「信じれる」「指標」を得ていると言えます。

なら、どうすれば「自分とは何ぞ?」を知ることが出来

るのでしょうか?

「それは、他の人を見ること」です。

《さあ「チャクラ」のスイッチを入れましょう!!
「氣塾」では「2番チャクラ=丹田」から順に各チャクラを「稼働」させ「覚醒」させる事が「遠隔、対面」どちらの方法でも「最短時間で可能」になっています。また「遠隔レッスン」により各種「呼吸法」も「マスター」して頂けます。》

更に、続けていきましょう!!

「氣塾」代表 木村丈彦


氣塾 呼吸気功 教室 古式マスターヨーガ 武当派太極内丹法
陰の氣を操るインド古式マスターヨーガと陽の氣を操る中国武当派太極内丹法を伝授する呼吸気功教室です

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

お読みいただきましたらプチっと応援クリックよろしくお願い致します。

気功ランキング

精神世界ランキング精神世界ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 気功へにほんブログ村

氣塾の各メニューのお申込みお問合せは、氣塾サイトのお問合せフォームよりお願い致します。
お申込お問合せは→ https://kijuku.org/contact

注目!!
《「気持ちが弱い」「気持ちが沈む」「更に気を強くしたい」どの様な方々においても「氣塾」は「気脈の詰まり取り」を先ずお勧めします。「気脈の詰まり取り」により「気」の流れが改善され、「気」が旺盛に「体内」を流れる事は「気の滞り」を無くし「精神力強化」の為の「最初の第一歩」として非常に重要な事です。尚この「気脈の詰まり取り」は「対面での個人施術」と「スカイプ等の遠隔施術」どちらでも可能ですので お気軽にお問い合わせ下さいませ。》

《「氣塾」の「特徴」は「3500年」続く、卓越した「クオリティ」と、確実な「カリキュラム」に有ります。 自分の新たな「能力」を見つけて、 磨きたい!!そんな方々は、是非「氣塾」にいらしてください!!きっと、「新たな何か」が見つかります。》


コメント

タイトルとURLをコピーしました